先日のゴルフ始めて第8日目。90分で600球打つ。当て感が大切。

前回の練習からのテーマである、
「当てる感覚(つまり当て感」
を養うために、どんどん打ちに練習場へ行った。

今回も90分打ち放題で
ひたすら打ちまくった。

ドライバー
ユーティリティ
アイアン
ウェッジ

の全てのクラブを
どんどんいろんな姿勢で試しながら打ってみた。

打ち放題だからこそ出来る楽しみ方だ。

私は思う、
一球一球丁寧に打つ練習方法は、
ある程度打てるようになってから行う練習方法で

最初の内は、
とにかく当てる感覚を養う方が大切だと思う。

今回は、ショートコースの
デビューに向けてウェッジでの
練習を特に重視した。

ショートコースは、長くても
PAR3で100ヤードから150ヤードが多い。

つまりドライバーやフェアウェイウッド、
ユーティリティどころかアイアンもいらない。

ウェッジ+パターで廻れる。

ただ、とにかく打つのではなく
ヤードごとに細かく打てるように
飛距離を調整出来なければ
コースに出た時に困るので

100ヤード
80ヤード
70ヤード
60ヤード
40ヤード
20ヤード
では練習していたが

調整が難しい
60ヤード
50ヤード
40ヤード
30ヤード
20ヤード
で細かく練習する事にした。

近くの飛ばす方が難しかったりする。

20ヤード(大体20m弱)
打つつもりが

35ヤード(大体35m弱)
飛んでしまったりとか。

要は、思ったより
飛び過ぎてしまう事の方が
多いという事。

そのため、
手首や腕や身体の姿勢などの調整で

打ち上げるように打ってみたり
転がすように打ってみたりなど

まだまだ上手くいかない事の方が多いのだが
いろいろ試しながら打っている。

ゴルフって難しい。

だけど簡単に出来てしまう事って
飽きてしまったりしやすいので

「ゴルフって難しい!
 だからからこそ面白い!」

そう思える人に、
ゴルフは向いていると思うよ(^-^)

今回のゴルフ練習の教訓

「どんどん当てて当て感を養おう!」

先日のゴルフ始めて第7日目。二か所の練習場へ②。近所の練習場。打ち放題で555球打った。

先日の第7日目のゴルフ練習で
夕方から近所の練習場の
90分打ち放題へ一人で行ってきた。

この日は、午前中に別の練習場へ行ったが
ちょっと打ち足りない感じだったので
夕方に近所の練習場にも行くことにした。

いつもは、夜に行っている練習場だが
車が多過ぎて停める事が出来ない時もあるので
少し早い夕方に行くことにした。

夜に比べれば多少空いていた。

車から受付を済ませて
練習スペースに行き

ゴルフクラブを出し

打っている内に手のマメが潰れそうなので
前もって絆創膏を指に貼り
打ち始めた。

やっぱり打ち放題の方が良い。

どんどん打てるので!

自動ティーアップ方式の練習場なので
ボールが出てくる度に

もぐら叩きのように
ドライバーでどんどん打ちまくる!

中古ゴルフショップの
店員さんとも話したのだが
「大事な事は、まず当てる感覚!」
のようだ。

打ち放題の練習の際には、
それが出来る。

どんどん打っている内に
身体の姿勢や動かし方で
ボールへの当たり方や飛び方
に違いが出る事が体感的に分かる。

プロゴルファーを
目指すジュニアクラスの練習生は
一日400~500球位打ち、
多い時で1000球位打つこともあるようだ。

この日のこの練習場では
「まず当てる事、それも様々な姿勢で!」
をテーマに練習した。

特にアイアンやウェッジで

普通に打ったり、

体を最初から打つ方向へ向いて打ったり、

右足を引いて打ったり、

左足を引いて打ったり、

足を揃えて打ったり、

片足で打ったり

などいろいろやってみた。

ゴルフ練習場は、
平坦であるため打ちやすい。

でも実際のゴルフ場(コース)は、
完全に平坦なところから
打つ事の方が少ないだろう。

姿勢を変える上手く当たったり
上手く当たらなかったりするが
そこは、打ち放題なので
打ちまくって

どんな姿勢からでも
上手く打てるように修正していく。

本当にゴルフって面白いよ(^-^)

今回のゴルフ練習の教訓

「いろいろな姿勢で打ちながら楽しみつつ
 実践で使える練習をしてみよう(^-^)/」