ITを農業に活かす時代「ファーモ」スマホを農業に活用する仕組み。凄いね!

スマホを農業に活用できる仕組みの
「ファーモ」という仕組みがあるみたいだね。

田んぼの水の管理や
ハウス栽培の気温や湿度なども
スマホで確認できるみたいで

・ファーモ スマート農業はじめよう

通信エリアが
どんどん拡大していっているみたい。

・ファーモ 通信エリアマップ

これから農業を始めたい人には
良い仕組みだと思うよ。

それにしても農業も
スマホを活用する時代になったんだね!

時代を感じるな~(^-^)

サイバー攻撃可視化サイトいろいろ。何か見ていると、かっこいいけど・・・。

世界中で行われているサイバー攻撃。

そのサイバー攻撃の状況が
リアルタイムで分かるのが
サイバー攻撃可視化サイト。

何か見ているだけだと
かっこいい感じなんだけで
サイバー攻撃自体が実際に行われている状況なので
そうも言ってられないかな。

・Atlas 国立研究開発法人情報通信研究機構
※ダークネットトラフィックを可視化

でも実感が湧かない一般人には、
ゲームに見えてしまうかもね!

ただ、全てのサイバー攻撃が
表示されているかどうかは分からないけど

今、どれぐらい世界中でサイバー攻撃が
行われているかを知るのに少しは役に立つと思うよ!

誰にでもできるITセキュリティ。日本ガラケーとスマホで情報を使い分け。

私は、通話やメールの連絡用の日本ガラケーと
ネット閲覧用のスマホを使い分けている。

その理由はandroid OS や
iPhoneのIOSのセキュリティリスクが気になるからだ。

スマホのマルウェア(コンピュータウイルスなど)の多くは
android OSを狙ったもので

その次に多いのはiPhoneのIOSのようだ。

両方ともUNIX系のOS
(昔からある業務用サーバーコンピュータのOS)であるが
androidの方が情報がオープンにされている事と
androidスマホはiPhoneよりも安く普及しているので
ウイルスも作成しやすいのだろう。

それに比べて日本ガラケーは
独自OSであるためコンピュータウイルスの
リスクを考える必要が無い。

スマホに自分の個人情報、
友人知人など知り合いの情報があれば
盗み取られるリスクを常に考えながら
使用しないといけないのでストレスになる。

自分だけが被害に合うのであれば
まだいいが自分の友人知人に迷惑が掛かってしまう事は
出来るだけ避けたい。

だから私はガラケーとスマホで使用用途と使い分けている。

スマホは、個人情報を入れずに
出先でちょっとネット閲覧をするのには役に立つ。

氏名や電話番号、住所などの個人情報は
ガラケーに入れておけばいい。

バッテリーの持ちを考えても
ガラケーとスマホ(格安スマホで十分)の
二台持ちがオススメの使い方だよ。