「トイレットペーパー」タグアーカイブ

商業施設のトイレットペーパーの紙で気づいた事。ホームセンターが一番使いやすい。

先週、トイレットペーパーが
いつ買えるか分からない状況になっていたので
出かけて帰る時には、トイレに行ってから帰るようにしていた。

そこで気づいたのがどこも商業施設も
今はウォシュレットを設置しているところが多いので
トイレットペーパーの質が良くない。

トイレットペーパー自体
一枚のシングルで薄い物を使っているところが殆どで
すぐに破れるものが多いので正直使いにくい。

そんな中、厚みのあるトイレットペーパーが
使えるのは、ホームセンターのトイレ。

もちろんウォシュレットも設置されていて
トイレの中も狭くなく綺麗で
トイレットペーパーも厚みがあって使いやすい。

毎日のようにホームセンターは、
ロイヤルやコーナン、ビバホームなどへ
トイレットペーパーを買いに行ったが

いつ行っても無いので
結局なく、普段必要なミネラルウォーターなどを買いつつ
トイレを済ませて帰るを先週は、繰り返していた。

いつ入荷してくるか分からないと店員から聞いていたので
小まめにホームセンターへ行っていた。

こういう時のために、今度の引っ越しは
ホームセンターの近くへ引っ越すことも考えている。

訳ないけどね(*^-^*)

トイレットペーパーの代わりに落とし紙とは珍しい。今でもあるみたい。昔、祖父の家にもあった。

落とし紙おいうものが今でもあるみたい。

水洗トイレに対応している落とし紙があるようだ。

「落とし紙」って知ってる? トイレットペーパー品薄の今 ロール紙に押されるも健在/兵庫・丹波市(丹波新聞) – Yahoo!ニュース

トイレットペーパーの代わりに、
トイレで使って使い終わったら
トイレと落とすという紙で

昔、祖父の家に合ったことを思い出した。

祖父の家は、物凄い田舎の山手の方で
家は古いが家族が多かったとの事で部屋数が十部屋以上ある広い家だった。

子どもの頃よく、親戚とかくれんぼをしていたが
広いのと昔の家で体の小さい子供が隠れるスペースが至る所に沢山あり
中々見つからないので面白かった。

トイレは家の外にあり汲み取り式で落とし紙で使うのだが

普段、都会育ちで水洗トイレを使って生活している

子供の頃の私には、別世界なぐらいで生活環境で

風呂も家の外にあり
薪を入れてお湯を沸かし入る風呂で

子供心に珍しいので
毎年、祖父の家に遊びに行く時には楽しかった記憶がある。

学校の友達に薪で湯を沸かして入る風呂や家の外にトイレがある話をすると
「なに時代?」と聞かれていた。

子供の頃の私には多くの思い出がある家で

家は古かったが都会ではありえないぐらい家が広く
庭も広く祖父の家は農家だったので

夏にはスイカなどの果物が食べ放題だったり
野菜などは近くの畑にあったので
収穫を手伝ったりしていた。

食べ物は、採りたて新鮮な物ばかりの物を
収穫してすぐに食べるので本当に美味しく

カブトムシやクワガタムシなども
親戚の叔父が取ってきてくれたりして
本当に楽しかった。

祖父も祖母も親戚もみんな優しく良い人で
私が都会よりも人が少ない田舎の方が落ち着くのは
そのような思い出が影響しているからかも知れない。

落とし紙もそうだが昔からある物は
見ているだけで落ち着く。

今あるトイレットペーパーが無くなったら
子供の頃の思い出に浸りながら
今度は、「落とし紙」を使ってみようかな(^-^)

やっと流通しだしたトイレットペーパー。必要な分ぐらい買いたかった。

今日、近所のスーパーやドラッグストアに行くと
少量ではあるがトイレットペーパーが入荷していた。

いつもは、毎回トイレットペーパーが無くなりそうになった時に、
2か月分ぐらいまとめて買っていたが
先週は、全くない状態が続き
今日、たまたまお店の前を通りかかったら売っていた。

流石にトイレットペーパーが並んでいるのを見た人は
皆、買って帰っていた。

未だに地域によってなかったり
お店によってもない状態が続いている所もある。

何か所かのお店で聞いてみたら無いお店は、
入荷未定か、入ったけど完売したという返事だった。

以前、住んでいた地域では
買い占めるような輩が多そうな地域で
今回のような事態になった時に困った状態が続きそうだが

今、住んでいる地域は
比較的落ち着いている人が多い地域で
皆さん冷静に行動しているようで
ガツガツを買いまくるように人は少なく
トイレットペーパーに群がって
買いまくるような状況ではなかった。

早く多くの地域でトイレットペーパーが流通し
安定して使えるようになることを切に願う。