「行動」タグアーカイブ

感染していなくても無症状者として行動するという考え方。確かに大切かも。

京大准教授 宮沢 孝幸さんの
感染していなくても無症状者として行動するという考え方は
確かに大切かも知れない。

・「とっとと感染しちまえ」 京大准教授、ツイートの思い [新型肺炎・コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

・Takayuki Miyazawa(宮沢 孝幸)(@takavet1)さん Twitter

自分が感染して死ぬ事よりも
自分が感染させてしまった人が死んだ場合の方が
悔いが残る。

「もう少しこうしとけば良かったと」か

今は感染してないが
今後は自分が感染していると仮定して

・人の多い所ではマスクをする。

・無闇にそのあたりを触らない。

・適切に、うがいや手洗いをし
 必要な時には消毒をする。

結局、医療従事者のような専門家ではない
一般市民に出来る事は

自分が感染しない事と他人へ感染させない事だけだ。

ある程度、普通に生活していても出来る事はある。

それ以前に私の場合、ココ数十年、
風邪にもインフルエンザにも掛かってないけどね。

病院の行き来で思う事。周りの事を考えながら行動している人間が極端に少ない事に気付く。

あくまで自分で感じたことを書くが
世の中の人間の全てではないが多くの人達が
周りの事を考えず行動している事に気付いた。

一日を通して出会った人間を見ても
周りの事を考えて行動している人間は語句僅かだったのが現実。

私は、手にギブスで三角巾をして足を引きずって歩いているが
電車の中で平気でぶつかってくる人、その後に謝りもしない人、

広い道にも関わらず、
目の前の直前を遮って歩く人に一日を通して何人も出くわす。

今まで電車やバスには、
殆ど乗らなかったからか
そういうところが
あまりのも目に付く。

自分自身が今まで周りの人間に
配慮を考えすぎていたことにも気付いた。

もちろん今後も今まで通り、
病人や怪我人には配慮して行動するが

それ以外の人間に関しては
必要以上に配慮し過ぎないよう
自分の思うように行動しようと思う。

情報操作に騙されない生き方。常に冷静に適切に判断し行動する。

コロナウイルスで気づいている人もいると思うが

ニュース報道と現実の生活での状況が
違っている部分があると思う。

例えばテレビ報道では、
「感染したら死ぬんじゃないか」のような勢いで報道されているが

実際の医師に聞いてみると
新型の風邪のウイルスの一種だから
余程、元々体を弱っている人でない限り重症化しないので

「うがい」「手洗い」「必要以上に人ごみに行かない」
という普段の風邪対策やインフルエンザ対策を同じぐらいで
あとは普通に生活すれば良いという事であったりなど

世の中の不安を煽れば
人間は基本的にマイナス思考の人間の方が多いから
不安になり普段はしないような行動に出たりする。

その結果

マスクの買い占めや
トイレットペーパーの買い占めなどが起こったりする。

本当は、そんなことする必要が無いのに。

情報操作は、常に行われている事。

それは、
一部の人間が儲かるためとか

一部の人間に都合が良い様に心理操作され動かすためとか

理由は、いろいろある。

一部の情報だけを信じる人間は騙される。

テレビだけを信じる人、ネットだけを信じる人など騙されやすい。

情報操作されるのが嫌な人は、

多くの情報に触れ何が正しくて
何が妥当なのかを見極める眼を養っていく必要がある。

そのためには、
正しい情報を提供してくれる人と話したり
多くの本を読んだり、
ネットでいろんな人の情報に触れることが大切。

特に多くの本を読む事が多くの人達の話を聞くことになるので
役に立つ。

その上でネットで多くの人の考え方や情報に触れる事で
情報操作に騙され惑わされる事無く生きていけるようになると思う。

一時的な感情に流されず

常に冷静に適切に物事を判断し
効率良く合理的に行動する事を心掛けよう。