「体」タグアーカイブ

若干、体が不自由で出来るようになった事。洗濯する。支える指と抑える指。

今日は、片手で洗濯をしてみた。

怪我した日は、着ていた物が血だらけだったので
血が付いた服はすぐに洗った。

ただ慣れたていない為、
結局、3枚ぐらいの服を洗濯機に入れるまで
30分ぐらいかかってしまい
干すのにもかなり時間がかかってしまった。

今回は、少し片手だけでの動きに慣れてきたので
前回よりはスムーズだが

それでも洗濯ネットに洗濯物を入れてチャックを閉めるのには
若干、時間がかかった。

干すときも片手の指を巧みに使い
(例えばハンガーに掛ける場合、
 数本の指でハンガーを支え他の指で洗濯物を掛けるとか
 数本の指でハンガーを支え他の指で洗濯ハサミで挟むとか)
干すことが出来た。

洗濯物を畳むのも何とかなった。

利き手の逆の手は、普段あまり使わないので
気付かなかったが慣れてくればいろんなことが出来る。

何事も努力次第だね(^-^)

若干、体が不自由で出来るようになった事。字を書く。左右対称イメージ。

手書きで書かないといけない書類があった。

折角なので利き手と逆の手で書いてみたら
全く書けなかった。

「さあどうする!」
といろいろ考えた結果。

左右対称イメージでやってみる事にした。

箸を持つ時と同じ要領で
利き手で持つ持ち方と左右対称に逆の手で持ってみる。

持つ事は出来た。

ただ箸の場合、そのまま持ち上げて
使えば良いが字を書く場合、
右から左に向かって書いていかないといけないので
箸を使うのとは使い方が違う事に気付いた。

まだ一文字ずつ書きながら、
小学校一年生程度のあまり丁寧ではない書き方しか出来ないが

書けば書くほど上手くなりそうな感じなので
これを機に両手で文字を掛けるようにしていこうと思う。

何事もやれば出来るな(^-^)

若干、体が不自由で出来るようになった事。温泉卵を食べる。生卵片手割の要領。

今日出かけた時にいつも食べている温泉卵
4パックを買ってきた。

卵は私にとって骨折や傷の回復には、
欠かせない食べ物で怪我の後、
一日6個から9個食べている。

ただ
「温泉卵は買ってきたが、さあどうやって食べるか?」
をいろいろ考えてみた。

そういえば料理の際に、片手で生卵を割ったりするので
「同じ要領でいけるんじゃないか!」
と思ってやってみたら

片手でも割れるようになった。

最初のうちは、ぐしゃぐしゃになったこともあったが
段々慣れてきてぐしゃぐしゃになる回数が減ってきて
ある程度、スムーズに割れるようになった。

ちょうど側面の真ん中を割り
その割れた部分に指をかけて割る感じだ。

特に傷や皮膚の再生に卵は欠かせないので
毎日食べようと思う。