「傷」タグアーカイブ

怪我をしていて思ったこと。怪我や傷の方は、爪が伸びない。卵で身体を完全修復。

片手を骨折と片足に傷を負い栄養を多めに摂るようにした。

そうしている内に気付いた事がある。

爪は皮膚細胞の一部であるため
タンパク質を多めに摂ると爪が早く伸びる。

だけど骨折をしている方の手足や傷が修復中の方の手足は
爪が全く伸びず骨折も怪我もしていない方の手足の爪だけが伸びる。

人間の身体って不思議だな~と改めて思った。

卵は安い上に大体、どこのスーパーでも買える。

その上、完全栄養食なので怪我人には、とてもお勧めだよ(^-^)

これから身体が完全に修復するまで
毎日、温泉卵をいつもより増量して8個か9個は食べようと思う(^-^)

自炊できる人は、温泉卵、ゆで卵、卵焼き、目玉焼きなど
いろいろ作って食べてみよう。

最近の食生活。骨折や傷の修復のために卵を一日6個から9個。

骨折と傷の修復のために最近は卵を一日6個から9個食べている。

以前、大けがした時にも傷の修復の際、
卵を多めに食べたら傷の治りが早かった。

試してみると分かるが卵を多めに食べ続けると
爪の伸びが明らかに早くなる。

皮膚細胞の一部である爪に栄養が多めに行きわたることで
爪が早く伸びるという事。

つまり細胞の修復に卵が役に立つという事。

卵はタンパク質、免疫細胞もタンパク質
体温を上げ免疫力を上げるのもタンパク質だから

怪我の修復にも
コロナウイルス対策にも
どんどんタンパク質を摂るようにしよう。

足の傷の抜糸。痛くは無いが糸を抜かれている違和感が・・・。

病院へ行くと足の傷の抜糸が行われた。

抜糸自体は痛くはないけど何とも言えない違和感がある。

先日、医師から「次回は抜糸します」と言われていたので
覚悟をしていた。

担当外科医の抜糸が始まり
数針縫ったので時間がかかるかと思ったが
スムーズに手際良く抜糸してくれて良かった。

数針縫う怪我は、十年以上していなかったので
縫う時も麻酔をしているので痛くはないはずだが
何とも言えない違和感があるため気持ち的には痛い感じ。

傷は塞がっているみたいだが
まだ完全に回復している訳ではないので
通院は続くが少し一安心。
(傷の痛みと傷の周りの打撲の痛みは、相変わらず続く)

少し思ったのが
私は武術や武道をやっているので
身体には多少の怪我での傷がある。

自分の身体の様々なところにある傷を見ながら
いつ頃、どんな時に傷を負ったのかを考えながら
昔を思い出した。

武勇伝的な傷ではなく
ちょっとした凡ミスで付いた傷が多かった。

あんまりハードな生き方はしていないで
当たり前だが多くの傷が数年数十年経つと
消える場合もあるみたいなので
今回の傷も数年後には分からなくなれば良いかな~と思う。