自由にあり続けるために。何を求めてどう生きるのか?

もう一度、改めて自由とは何かを考えてみた。

突き詰めてみると

・自由に時間が使える事。
・自由にお金が使える事。
・自由に人間関係を選べる事。
・自由に仕事を選べる事。
・自由に生きる場所を選べる事。
・自由に心身の環境を選べる事。

・使える事が2つと選べる事が4つになる。

まず使える事の2つ。

・自由に時間が使える事。

自由な時間を作り出すのに必要な事の
結論は、細かい事を抜きにして
自由に時間を生活し続けるためのお金がある事。

・自由にお金が使える事。

これは多くの事に関わってくるところで
自由に生きるため自由に行動するために
必要なお金があるかどうかが大切な事は、
多くの人達が既に分かっている事。

次に選べる事の4つ。

・自由に人間関係を選べる事。

これは、親、兄弟、親戚、配偶者、
恋人、友人知人、職場の同僚など
自分に関わる全ての人間関係だが
会社組織や習い事のグループなど
人の集まりに依存している場合には、
その縁を時には切る必要もある。

・自由に仕事を選べる事。

職業選択の自由と言われているが
現実的には学歴や経験、人間性などで制限があり、
雇われている場合には、職業は選べても
その仕事の内容は選べない事もある。

・自由に生きる場所を選べる事。

自分の住みたい場所に住めるかどうかだが
多くの場合、職場により制限がかかる。

・自由に心身の環境を選べる事。

心身ともに健康に生きていきたいと
考えている人が多いと思うが

心で言えば、人間関係などのストレス、
身体で言えば、食べ物飲み物空気など
体に取り込むものを自分で選択できるかどうか。

結局、具体的に自由に生きていくために

必要な事は、

何なのかと言えば

健康な身体 と お金という事。

もう少し言うと

心身ともに強靭な身体

死ぬまで働かなくても
良いだけのお金があるという事もしくは、

自分が働かなくても
お金が得られる仕組みを持つ事。

この2つ。

この健康な身体とお金をあれば、
他の多くの自由を得る事が出来る。

自由な時間は、お金で作り出せる。

自由な人間関係は、
嫌な職場であれば辞めればいいし、
嫌な身内であれば遠方へ引っ越せばいい。

自由な仕事も
お金のために働かなくていいのであれば
自分が好きな仕事をやればいい。

自由に生きる場所も
自由に仕事を選べるのであれば
自分の好きな住むところを住めばいい。

自由な心身の環境も
健康管理に時間とお金をかければ
得られるだろう。

つまり、究極に突き詰めると
自由に生きていくために必要なものは、

たった3つで

★安全に生活出来る環境

★健康な身体

★自由に使えるお金だけ。

これが分かれば、

あとは、

安全を確保しながら
生活するにはどうしたら良いか。

健康な身体を作り維持し続けるには
どうすれば良いか。

自由に使えるお金を得るには、
どうしたら良いか。

この3つを求めていけば良いという事。

これから自由にあり続けるために
必要なこの2つを中心に情報提供していこうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)