自分で試した事。糖質(炭水化物)を摂らない事は運動にも脳のも影響ない。

運動やスポーツでは
糖質がエネルギーになるとか

受験勉強で脳のエネルギーに
糖質が必要という話はよく聞く。

実際に自分で試してみたが影響ない。

私は朝、何も食べず水も飲まず
午前中の武道の稽古2時間し
午後の武道の稽古を2時間する事がある。

朝から何も食べず水も飲まず
午後13時位から17時ぐらいまで
稽古することもあるが問題ない。

その中で教えられた内容は何日経っても
記憶している。

実は、頭の冴えや記憶力
運動の体力気力に糖質は
全く関係ないことを意味している。

私は人の話は鵜飲みにせず
自分自身で試してみて
初めて信用するし人にも
「こうだった」と言うことにしている。

最初の内は、
稽古の合間に多少、水を飲んだり
チーズなどを何個か食べたりしていたが
必要ないことが分かった。

運動や頭を使う事が
特に武術や武道の稽古だからかも知れないが
食べない飲まない方が集中力も増すし気力も湧いてくる。

確かグラップラー刃牙のマンガで
「武術家は空腹時が最強」みたいなことを
書いていたと思うが確かにそうなのかも知れない。

だから私は武術や武道の稽古の前には
何も食べないし飲まない。

何かの試験勉強の前や実際の試験の前にも
何も食べないし飲まない。

食べたり飲んだりするのは稽古の後や
勉強や試験の後にしている。

糖質でエネルギー充電よりも

空腹で危機感からの自分の生命力の方が

頭の回転も集中力も運動能力も
高まるのだと私は思う。

だからと言って
今まで沢山食べて沢山運動していた人が

いきなり何も食べず運動すると
影響があるかも知れないので
軽い運動から試していけばよいと思うよ。

試験勉強もそう。

今まで沢山食べてであったり沢山食べながら
勉強していた人がいきなり切り替える必要はなく、
徐々に減らしながら

最後は何も食べなくても
頭が回転し集中力も
記憶力も冴える状態へ持って行けばよいと思うよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)