同居人が介護する「老老介護」が増えているようだ。そこまでして生きる意味は?

自分も高齢者の同居人が介護する
「老老介護」が増えているようだ。

「老老介護」6割迫る 19年国民生活基礎調査 厚労省(時事通信) – Yahoo!ニュース

私であればある程度、高齢になって
人の手を借りないと
生活出来ない状態であれば
安らかに死なせてほしいと普通に思う。

人に迷惑や負担をかけてまで
生きたいとは思わないし

そこまでして
その人間に生きる意味があるとは
全く思わない。

大人の場合、自分の生活は
自力で出来る事が前提だと思う。

健康な人は
無駄に介護保険料を国に徴収され

生きている事に
意味があるかないか分からない人間が

介護施設や介護職の
金儲けに使われている現実。

高齢者が多く子供が少ない国は
やがて人がいなくなり滅びる。

今は高齢者が優先の世の中だが

周りに迷惑な高齢者が必要以上に
長生きするような社会ではなく

(健康で常識的な高齢者は別にして)

子供を産みやすく
子供を育てやすい
社会に変えていく必要があると
いつも思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)