先日、医療情報の収集で都市部へ行ってきた。車で移動なため感染リスク無し。

先日、都市部へ医療情報の収集に行ってきた。

今までは、公共交通機関である
電車やバスで行っていたが

都市部ではコロナの感染爆発状態?!のようなので
今回は車で行く事にした。

(まあ、ただの風邪の一種としか
 思ってないけど・・・。)

昼間移動しても都市部は渋滞が多いので
朝、早めに移動する事にし
5時30分に起き6時位に出かける事にした。

ただ車の所へ行って気付いた。

住んでいるのが山という事を。

駐車場へ行くとアスファルトの地面が
街灯で綺麗に光っていて
「何だろう?」と思い見てみると

思いっきり氷で凍っていた。

触ってみると普通に地面が凍っている。

つまり路面凍結。

初めてみる光景だ。

このまま車で出かけるかどうか少し考えたが
道路には車やバイクが走っている。

「まあ、何とかなるだろう!」
と思い車で走り出した。

最初は、恐る恐るゆっくり走り出したが
意外と滑る気配が無い。

ある程度、走り出したら
普通に走る事にした。

山を下山し、
幹線道路に入ると意外と車が多い。

まだ6時20分ぐらいなのに・・・。

車の流れに乗って車を走らせ
都市部に近づくほど車が増えてくる
渋滞というほどではないが

ところどころ制限速度以下で
走らないといけない程、車が居た。

都市部に入ると渋滞が始まった。

まだ6時40分ぐらいないのに・・・。

少し移動ルートを迂回すると
渋滞の心配は無くなったが

それでも車が多い。

私の認識では7:30~8:30ぐらいが
通勤移動のピークという認識だが

実際には、7時前から車で都市部に
移動している人が多いようだ。

7時ちょっと過ぎに駐車場に
入ると結構、空いていた。

それでもそれなりに車が止まっていたので
朝早くから移動している人も
多いのかな?と思いつつも

24時間営業の駐車場なので
前日から置いている人も
いるのかも知れない。

広い駐車場なので
大型の高級ミニバンの国産車や

外国車のフェラーリや
ポルシェ、ベンツなども
多く止まっていた。

普段、走る所をあまり見たことがない
トライクバイク(三輪のバイク)など
珍しいバイクも止まっていた。

かなり早めに着いたので
車の中でゆっくりしながら
読書をしていたら、

軽自動車トナラーがやってきた。

トナラーは、どこにでもいるようだ。

何百台も行けるような駐車場にも関わらず
横に置くトナラー。

今まで爺さんドライバーが多かったが
今回は、小汚いおじさんだった(^-^;)

私が車に乗っているのに
気づいて少し戸惑っていたが
そのまま車を止めて
どこかへ行ってしまった。

約束の時間になり
医療関係者に会い20分ほど
話を聞いた。

医療関係者は、直接影響があるので
専門的に情報収集しているようで
かなり詳しく医学的な視点で
話が聞けるので勉強になる。

話が終わるとすぐ駐車場へ戻り
他の人には会わず
すぐに車で移動した。

この日は、市役所にも手続きで
行く予定になっていたので
そのまま向かった。

市役所へ行くと
入り口に非接触体温計があり
熱が無いかどうかを測定し、
その後、消毒液で消毒してから入所した。

普段は、いつ行っても人が多いのだが
外出自粛もあるからか
人が殆どいないぐらい少なかった。

これは助かる。

手続きも普段なら
結構時間を取られる手続きだが

市役所側も出来るだけ
短時間で対応が済ませるよう
配慮してくれてスムーズに手続きが完了した。

そのまま、すぐに車に乗って帰る事にした。

朝から夕方まで車で移動だったので
移動距離が長かったが
会った人も二人で少なく
地元へ帰ってくることが出来た。

最近は、車で移動しているので
人と会う時間が極端に少ない。

買い物もセルフレジを
使っているので人との接触も無い。

このまま非接触な世の中になっていくのかと思うと
少し寂しい気持ちにもなる。

人情味溢れる昭和の時代のように
戻って欲しいけど

これも時代なんだろうと思う(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)