どう考える中国リスク。LINEの個人情報問題が出ている。佐川急便は中国製EV導入。

日本には、
多くの中国製の物が溢れている。

店によっては
made in japanよりも
made in chainaの
表記を見る方が多い場合もある。

物だけでなくLINEのような
ITサービスに関わる部分や

・見えぬ中国の「情報」リスク LINEが突きつけた問い(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

日本年金機構の部分や
マイナンバーのように
行政に関わる部分にも
中国が関わっている。

・中国へのマイナンバー情報流出問題、厚労省は「不都合な報告書」を握りつぶしていた(デイリー新潮) – Yahoo!ニュース

佐川急便は、中国製に電気自動車を導入するようだ。

・佐川急便が宅配特化の軽、7200台をEVに順次置き換えへ…中国産で排出CO2を1割削減(読売新聞オンライン) – Yahoo!ニュース

日本のもので
中国が関わっているところに関しては
多くの人がリスクを感じているのだろう。

このコロナ禍、

何も気にせず
中国製のものやサービスに関わるものを使い続けるか

それとも日本製のものやサービスに切り替えて
日本の企業や日本の産業を守るか

あなたは、どちらの選択をするのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)