散り始めた桜。地面に桜の輪が出来ていた。桜に散っても美しい。自然の中の自分。

桜は咲いていても美しいが

散る時も美しい。

私は、桜の花びらが舞う場所を歩くのが好きだ。

先日もいつもの道を歩いていると

風が少し強い日だったこともあって

桜の花びらが舞っていた。

私は、それを少し眺めていた。

地面には、花びらが多くあって輪が出来ていた。

眺めていると良い感じ。

自然は、何かを教えてくれる訳でも無く
何かをしてくれる訳では無いけど

眺めているだけで気付く事が多い。

太陽からは暖かさを感じ。

花からは、生きる力や命を感じる。

自分は、
人に対しての
暖かさを保てているか、
冷たくなっていないか、

自分の生きる力は、強いか弱いか、

自分は、命を大切にしているかどうか。

自然の多いところで

太陽の暖かさを感じ

風の流れを感じ

草花の香りを感じながら

眼を閉じていると

自然と一体になるような感覚になる。

人間も所詮は、
他の動物や植物のような生き物と同じで
自然の中のひとつの生き物に過ぎない事に気付く。

いつも自然体の自分で生きてきたいと

心から思う(^-^)

あなたも

またには自然の中で

「自分は所詮は、生き物のひとつに過ぎず

 あまり細かい事を気にしてもしょうがないから

 それよりも楽しく生きていこう!」と

毎日を前向きに生きていこうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)