「賢人の医療に思う事」カテゴリーアーカイブ

医師から本当の正しい医療情報の提供「LUMEDIA(ルメディア)」

医師から本当の正しい医療情報を提供してくれる
LUMEDIA (ルメディア)という
ホームページが始まったみたい。

・LUMEDIA (ルメディア) – 正しい医療をもっと簡単に、わかりやすく

ネットには、様々な医療情報があるけど
医学的根拠や科学的根拠があるかどうか分からない情報も多い。

いい加減で中途半端な医療情報に
振り回されるのも時間の無駄だし、

医師からの正しい医療情報の提供であれば信用出来るよね。

やっぱり専門情報は、
専門家の話が一番、信用出来る。

私も、医療情報に関しては医師が言っていることか
病院が発表していることしか信用していない。

それでも個人的見解などで書いている場合もある。

LUMEDIA (ルメディア)に関しては、
記事を書いている医師以外の医師も
内容をチェックしているみたいだから信頼性が高いね。

インターネットには正しい情報もあるけど
いい加減な情報や思い込みで書かれている
間違った情報も多いのが現実。

医療情報だけでなく
こういう本当の正しい情報を
専門家が提供してくれるホームページが
もっと立ち上がると良いな~思う。

頑張って欲しいね!

コロナ新規感染者数が10万人突破。自宅療養者が全国で44万人。自分はどうするか。

猛威を奮っている新型コロナウイルス。

新規感染者数が10万人を突破し、
医療機関が逼迫しているところも増えてきているようだ。

自宅療養者も全国で44万人を超えているみたいで
今後も増えていくのだろう。

・自宅療養、全国44万人 気をつける点は? 備えておけることは?(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

自宅療養は結構大変だと思う。

しかも感染が分かったら急に自宅療養だと食べ物など準備も出来ない。

南海トラフ地震の事もあるけど

やっぱり普段から何日間か生活出来る食料や飲料など
準備しておく必要があると改めて思う。

それにこれだけ広がってしまうと
ある程度、気を付いて生活していても
100%感染を防ぐ、という事は不可能だろう。

一般人が出来る事と言えば
・出かけて屋内へ行く機会を出来るだけ減らす。
・外出から帰ってきたらうがい手洗いをする。

ぐらいで

あとは、備蓄品として

・食べ物や飲み物などを2週間分ぐらい。

・生活で消費する日用品(石鹸とかトイレットペーパーとか)

この辺りは最低限必要になってくるだろうから
普段から用意しておく必要があると思う。

自治体である程度、
対応してくれるとか思うけど

これから
どんどん自宅療養者が増えていけば

現実的に、
自治体でも手が回らなくなるだろうから
自治体の対応が間に合うまで
生活出来るだけの物を用意しておいた方が安心だよね。

ただ、新型コロナウイルスって
ワクチンを接種いても接種いなくても
感染を繰り返すようだから

家族で生活している世帯や老人ホームなど
複数で生活している環境だと

誰かが感染して回復するタイミングで
また誰かが感染するを繰り返す場合、

いつまでも自宅療養が
果てしなく続くような気がするんだけど・・・。

コロナに振り回される人生は、いつまで続くのだろう・・・。

コロナ感染爆発10万人突破!ウイルス学の専門家の感染防止の基本は、変わっていない。

新型コロナウイルスが感染爆発して

新規感染者数が10万人を突破した!

これからどうなってしまうのだろうと不安の人も多いとも思う。

ウイルス学の専門家は、一貫して同じ感染防止方法を言っている。

・感染の殆どが空気感染という事。

・人が密集する屋外も屋内も出来るだけ居ないようにする事。

・物などからの摂取感染は殆ど無く手の消毒も意味無いという事。

つまり、

分かりやすく簡単に行う具体的な対策は、

・空気感染のみに気を付ける。
(屋内でも屋外でも人が密集する場所へ行かない)

・うがいと手洗いを心がける。

というぐらい。

本来の自分の人生を生きるというよりも

コロナから自分を守るためだけに生きるという

訳の分からない生き方になってきている人も多いと思うけど

これまでもコロナで多くの時間が奪われた人も多いと思うし

これからも同じ考え方で生きていると
多くの時間が奪われることになると思う。

ただ、そんな感じで生きていると

気付いた時には人生が「あっと!」いう間に終わっていた。

という事になりかねないから

最低限の感染防止をしながらも

そろそろ今の状況下で

どう生きていくかをよく考えた方が良いと思う。

あなたは、これから先も
ずっとコロナに怯えて生きていて良いの?