「賢人の考える防犯」カテゴリーアーカイブ

IT企業からの行動監視に恐怖を感じている人へ。監視、追跡。

IT企業からの行動監視に恐怖を感じている人が多いみたいだね。

現代では、個人情報が悪用されたり、
自分の知らないところで売られたり、
位置情報をストーカー行為に使われたりなどが
あるようだから

その恐怖感が多くの人達にあるんだろうね。

位置情報の取得や位置情報での追跡は、

常に誰かから見られている(つまり監視されている)

状態にあるので人の目が気になる人は、

出来れば避けたいのかも知れないね。

多くの人達が嫌だろうけど・・・。

・監視資本主義とは? 全ての行動情報を監視・搾取して収益化する社会

IT企業からの監視に関しては、

GOOGLEの監視は、

・Google、「位置情報オフにしてもユーザーを追跡」報道後、サポートページをひっそり更新 – ITmedia NEWS

・GPSが付いていないのになぜPCは位置情報を取得できるのか? トリペディア

・Googleは位置情報をオフにしても現在地を追跡してる!完全に無効にするには? アプリやWebの疑問に答えるメディア

・パソコンの位置情報がオフなのに、Googleマップに近隣地域を捕獲されるんだけど (´_ゝ`)?? – そんな日もあるさ

・グーグルはスマホ位置情報履歴を警察に提供している

アップルコンピュータの監視は、

・居場所や行った場所がバレる?iPhoneの位置情報が心配なら設定を確認

・【iPhoneを探す】あなた居場所を監視されているかも?これに当てはまる人は注意! 楽しくiPhoneライフ!SBAPP

ただ、IT企業の位置情報取得は
移動している際の近隣の情報取得という意味での
利便性に繋がるので良い点もあると思う。

それに世界的にデジタル監視や
デジタル追跡の流れがあるようだね。

・新型コロナ:「感染追跡」デジタル監視とプライバシーの新しい日常(平和博) – 個人 – Yahoo!ニュース

・知らぬ間に取られてる?【個人情報と監視社会】

・監視社会―サイバー技術は社会をどう変えるか― IISEの広場 国際社会経済研究所

ネット上は、一般の生活の中より
監視しやすく監視されやすいのかも知れないね。

ネット監視社会の本当の「危険」な理由 ハフポスト NEWS

海外でのITを使った監視社会も進んでいるみたいだね。

・行動解析まで行われるようになる公安部の監視カメラ – 中華IT最新事情

・警察の監視システムを監視する 巨大化するアメリカの超監視社会 – ライブドアニュース

ちなみにリアルな行動の監視が気になる人には・・・。

・監視されていると感じた時の対処法5個

・監視されている?人の行動を把握しようとする人の心理と対処法 – カウンセリングサービス心理学講座

・行動監視されていると思ったら知っておくべき5つのポイント ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

利便性を優先してITをフル活用して行動するか

それとも多少不便でも位置情報からの

行動の監視から逃れながら行動するか

あなたは、どちら側が良いの?

子どもにスマホは必要必要ないか?元IT技術者として一言「危険過ぎて絶対いらない」

子どもにスマホは必要必要ないか
という議論がある。

元IT技術者としては、結論は
「絶対いらない!今すぐ未成年のスマホは禁止にすべきで
少なくとも社会人以外必要無い。」

・「子どもにスマホは必要?」――安心と後悔、ゆれる保護者たちの声 – Yahoo!ニュース

スマホ自体が訳では無いけど
未成年が巻き込まれるスマホが絡んだ事件が多い。

事件になっていなくても
親として困る事がある事も正直あるだろう。

特に自分の子供が事件に
巻き込まれた経験のある親であれば
後悔しているだろう。

「やっぱり、子供にスマホを
 持たせなければよかった。」と。

でも、現実的なところ
学校の連絡などでLINEが必要という人もいて
それでやむを得ずスマホも持っている人もいると思う。

元IT技術者の私からすれば

子供にスマホを持たせる事は

運転免許を持たずに車を運転したり、

犯罪者が沢山いる地域を
小学生の子供が何も考えず
一人で歩いているぐらい危険な事。

何で、そんな事が分からないんだろうと思うが

コンピュータ犯罪が
どのような仕組みで行われるかが
理解できていないのだろうと思っている。

だから「学校の連絡がLINE?」「え!」という感じだ。

「事件に巻き込まれたら学校が責任とってくれるの?」
と思うよ。普通に。

学校からの同調圧力でスマホを持って
SNSで子供が事件に巻き込まれた人もいるはずだけど
何とも思わないのかな。と思うけど。

ネットの世界は、
警察の力が届きにくい世界という自覚が必要だよ!

それに、

ネットセキュリティのプロでも無い親が

ネットから子供を守る事は、

100%出来ないと思って間違いない。

「気を付けておけば大丈夫!」

では済まない世界だよ。

世界中の犯罪者達が
自分の子供を狙っていると思っても
構わないぐらい危険な場所と思ってて丁度良いぐらい。

ネットの世界は。

私は、全面的に未成年のスマホは、
禁止にすべきだと思っている。

緊急連絡用に親へや警察などへ連絡出来る
キッズケータイみたいな
簡易な携帯電話ぐらいであれば
あっても良いと思うけど

それぐらいまでで
それ以上の事が出来るものは必要無い。

だから社会全体で子供達を守りたければ
未成年者には全面的にスマホを禁止にして

どうしても必要な場合には、
キッズケータイを
持たせるぐらいにすべきだと思う。

ネットで被害にあった子供達の親は、
大きな声で言った方が良いと思うよ!

あ~でも多くの親が
自分の子供が事件に巻き込まれるまで
分からないんだろうな~。

親が子供を守らなくて誰が守ってくれるの?

右側通行を強要する間違った高齢者に気を付けよう。警察への通報と対処方法。

先日、買い物帰りに歩いていると
前から高齢者が歩いてきてトラブルになった。

「昔から歩道は右側を歩くのが決まりだろうが!」

「学校にも校則があるだろう!決まりを守れ!」

との強要。

学生じゃないから「は?」って感じだし

「歩道を右側通行しないといけない法律など無いだろう。」

と分かっていたので

「なに、訳の分からない事を言ってる、そんな法律はない」

「大体、道路交通法を学校の校則だと全然違うだろうが」

「今すぐ警察に電話して自分の勘違いを確認しろ!」

と言ったら

そのままどこかへ行ってしまった。

あんまり、しつこいようであれば警察呼んで

その爺さん、強要罪で逮捕してもらおうかと思ったけど。

歩いて帰りながら、納得行かなかったので

一応、警察へ電話して確認したら

「そういう勘違いしている高齢者多いです。

 変な人には関わらない方がいいですよ。

 歩道は、右でも左でも、どこを歩いても問題ありません。

 もし、しつこく絡んでくるようであれば110番通報して下さい。」

との話だった。

どうやら今回の高齢者は、

道路交通法 第二章 歩行者の通行方法の通行区分で

下記のようになっているが
それを勘違いしているようだ。

第十条 歩行者は、歩道又は歩行者の通行に十分な幅員を有する路側帯
(次項及び次条において「歩道等」という。)と車道の区別のない道路においては、
道路の右側端に寄つて通行しなければならない。

ただし、道路の右側端を通行することが危険であるときその他やむを得ないときは、
道路の左側端に寄つて通行することができる。

つまり、

あくまで歩道と車道の区別の無い道路を
通行する時は、原則右側通行するというだけで

歩道を歩く際に
右側通行しないといけない法律は無いという事。

ネットで調べてみると
同じような経験をしたことがある人も多いようだ。

ちゃんとした礼儀正しく人間性の高い高齢者の人達も

実際には多いけど。

こういう高齢者とのトラブルが一つあると

全ての高齢者に対して敵意を持つ人も増える事になる。

私が子供の頃は、
近所の爺さん婆さんなど
温和で素直に人間的に尊敬出来る高齢者も多く

変に攻撃的な高齢者は、
あまり居なかったように思うが

いつから、こんな嫌な世の中になったのだろう。

まあ、もし、同じような経験をして

相手が、しつこいようで

あればすぐに110番通報しようね!