AIが人類を滅ぼすもの地球の意志か?ガイア理論。人類滅亡なのか

AI(人工知能)が悪用されると化学兵器が数万種デザイン出来るようだ。

・創薬AIがわずか6時間で4万種の「化学兵器」をデザイン! – ナゾロジー

ガイア理論から考えるとAI(人工知能)を人類が生み出し
その生み出したAI(人工知能)で人類が滅びるのも
地球の意志なのかと最近思う。

ちなみにガイア理論とは、地球自体が生命体であり
地球上の生物は地球と相互に関係しあって
地球全体の環境を維持する自己制御システムに
なっているという理論の事。

もちろん地球環境を破壊し続けている人類は、
地球から見れば、不必要な存在だけど。

人類を発展させるのも人類を滅亡に導くのも
科学者次第になっていきているように感じる。

AI(人工知能)とは、
高度に優れた人間を意図的に作るのと同じこと。

私は本来、高度に進化した優れた人間ほど

フランスの名言である
「高貴なる者の果たすべき責任─ノブレス・オブリージュ」

鬼滅の刃の煉獄杏寿郎が母から言われた
「弱気人を助ける事は強く生まれた者の責務です。」

つまり
「力ある強きものは、
 力なき弱きものを助ける義務がある」
という心が大切だと思っている。

だけどAI(人工知能)は、

人間よりも高度に優れたものとしての
機械として作る事が出来るかも知れないけど

機械的に合理的判断に基づいてのみ
行動するのであれば非常に危険な存在なだけ。

そこには、人間的な心が無いから・・・。

人間は多くの人達に触れあいながら生きていく中で
愛情や友情を知り人としての心が成長していくのだと思う。

AI(人工知能)で機械的で
物理的な部分を作る事は出来るかも知れないけど
人間には物理的に存在しない魂や心がある。

それにどれだけプログラミングが進化しても
生物としての人の心を作る事は出来ないだろうね。

本当はAIが進化して人類の生活を助け、
人類でなくてもAIで出来ることはAIにやってもらって
人類は自由に人生を楽しめる環境が理想だけど、
そう簡単には行かないのかも知れない。

進化したAIによって便利の生活だけを得られるのか

それともAIによって人類が滅亡に進むのか

これからの地球上での争いは、
人類の敵は他国の人類ではなく
人類の敵はAIになるのかも知れない。

映画「ターミネーター」は、
「このまま人類が進めば近い将来こういうことになる!」という
愚かに人類に対しての
地球からの最後の警告なのかと思っている。

人類 対 AI の戦いが始まる未来は近い将来なのかも知れない。

だからといって歴史的経緯からから考えても

科学者や時の権力者たちが

AIなど軍事に使われ人類を滅亡に導く技術の開発を
止める事は無いのだろう。

結局、科学技術や
どんなものでも最後は軍事に使われ
人々を苦しめる技術になるんだろうね。

新しい技術が開発され

その技術が軍事や悪用目的に使われ

その軍事や悪用に対抗する技術が開発される

の繰り返し。

いつまでも人間は、そんな事を繰り返していくのだろう。

それでも武道家である私は、

AI自体が人類を攻撃した始めた時に、

孫子の兵法の

「敵を知り己を知れば百戦危うからず」

で生き抜くために

・AI
・ドローン
・コンピュータネットワーク技術
・コンピュータセキュリティ技術
・プログラミング技術
・モバイルコンピューティング
・ユビキタスコンピューティング

あたりの知識や知恵技術を身に付けておく

必要があると思う。

あなたは、映画「ターミネーター」の世界になったら

自分自身を守る事が出来るの?

自分の家族を守る事が出来るの?

自分の大切な人たちを守る事が出来るの?

私としては、

これから日本を中心に新しい文明が始まると言われている

ガイアの法則にも注目したところ

日本が世界を救う時代になるのかな。

多くの人達が幸せを感じながら

生きている社会になって欲しいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)