趣味用のドローンが軍事協力を始めたみたい。これからドローンを使った犯罪も増える可能性も。

最近、趣味用のドローンが軍事協力を始めたみたいだね。

一部の使い方として
このような使われ方は、
公務員が公務としてであれば、
ある程度いいとは思っていたけど

どのような事情があったとしても
民間人が行なうのであれば別の話。

理由は、どうであれ

とうとう民間人が争い事に関わる形で
ドローンが使われ出してしまった。

これで争いごとに
ドローンが有効手段として使えるという
印象が付いてしまったね。

ドローンは、
民間人には平和利用にだけ
使われて欲しかったけど

科学技術が戦いに使われることは
とても悲しい事だね。

これを機に

武力の道具としてであったり
犯罪の道具としてであったり
ドローンが様々なところで
積極的に使われる可能性が出てきけど

これは、一般市民にも脅威になるね。

今回の事で、ドローンのイメージとして
利便性と同時に脅威を感じた人もいるはず。

「ドローンって、こんな使われ方もするんだ」と。

あなたは、
上空の高いところから
自分に対してドローンが攻撃してきたら
自分を守り切れるの?

そろそろドローン撃退方法を
本気で身に付けておく必要があるね。

単独でドローンを撃退する方法と

ドローンに対してドローンっていうのもありかもね!

ドローンにも、いろいろあるみたいで

最初は、小さいドローンから始めて

後々に大きめの空中ドローンにしても良いし

水中ドローンもあるみたい。

水上離着陸出来るドロ-ンも販売され始めているみたいだね。

ドローンによっては浮力着陸装置を付ける事が出来るものもあるみたい。

今年、2022年にドローンの免許制度も検討されているようだから
そろそろ本格的なドローンを買って研究するかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)