「賢人の考える経済とお金」カテゴリーアーカイブ

来週、2021年4月5日から「ジャパンネット銀行」が「PayPay銀行」へ変わるみたい。

先日、「ジャパンネット銀行」の社名が
「PayPay銀行」へ変わることを知った。

4月4日(日)から4月5日(月)に
かけて変わるみたい。

・2021年4月5日、ジャパンネット銀行は「PayPay銀行」へ社名を変更いたします。ジャパンネット銀行

4月4日21時~4月5日7時まで
一時的にサービスが停止するようだ。

時間的には短時間だけど
普段からジャパンネット銀行を
利用している人は、
気を付けた方が良いね!

社名がPayPay銀行へ変わるという事は
これからPayPayに力を入れるという事かな。

平均寿命から見る、あとどれぐらい生活費が必要かの計算。

日本の統計が閲覧できる政府統計ポータルサイトで見てみると

・政府統計の総合窓口

全国の二人以上の世帯の
2020年の消費支出は305,811円で

・家計調査 家計収支編 二人以上の世帯用 統計表・グラフ表示

全国の単身者世帯の
2020年の消費支出は、150,506円

・家計調査 家計収支編 単身世帯用 全国 統計表

これから単純に

二人以上の世帯 1ヶ月で約30万6千円

単身者の世帯  1ヶ月で約15万千円

計算してみると

●二人以上の世帯

1ヶ月 約306,000円 (約30万6千円)
1年 約3,672,000円 (約367万2千円) 
10年  約36,720,000円 (約3672万円)
20年  約73,440,000円 (約7344万円)
30年 約110,160,000円 (約1億1016万円)
40年 約146,880,000円 (約1億4688万円)
50年 約183,600,000円 (約1億8360万円)
60年 約220,320,000円 (約2億2032万円)

●単身者の世帯  
1ヶ月  約151,000円 (約15万千円)
1年   約1,812,000円 (約181万2千円)
10年  約18,120,000円 (約1812万円)
20年  約36,240,000円 (約3624万円)
30年  約54,360,000円 (約5436万円)
40年  約72,480,000円 (約7248万円)
50年  約90,600,000円 (約9060万円)
60年 約108,720,000円 (約1億872万円)

厚生労働省の令和元年簡易生命表の概況で見ると

・令和元年簡易生命表の概況 厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life19/index.html

主な年齢の平均余命は、
男性の平均寿命が81.41歳
女性の平均寿命が87.45歳
になっているので

毎月給料がどれぐらいだとか
年金が毎月いくらだとかを抜きにして

「平均余命で言うと
 自分は、あと大体どれぐらい生きるのか」

大体、
男性の寿命が約80歳ぐらいで
女性の寿命が約85歳ぐらいと仮定して

自分自身の年齢を逆算してみると

★今、20歳の人

・男性で二人以上の世帯の場合
約60年 約220,320,000円 (約2億2032万円)

・男性で単身者の場合
約60年 約108,720,000円 (約1億872万円)

・女性で二人以上の世帯の場合
約65年  約238,680,000円 (約2億3868万円)      

・女性で単身者の場合
約65年  約117,780,000円 (約1億1778万円)   

★今、30歳の人

・男性で二人以上の世帯の場合
約50年 約183,600,000円 (約1億8360万円)

・男性で単身者の場合
約50年  約90,600,000円 (約9060万円)

・女性で二人以上の世帯の場合
約55年  約201,960,000円 (約2億196万円)

・女性で単身者の場合
約55年  約99,660,000円 (約9966万円)

★今、60歳の人

・男性で二人以上の世帯の場合
約20年  約73,440,000円 (約7344万円)

・男性で単身者の場合
約20年  約36,240,000円 (約3624万円)

・女性で二人以上の世帯の場合
約25年  約91,800,000円 (約9180万円)

・女性で単身者の場合
約25年  約45,300,000円 (約4530万円)

これぐらいの
お金が必要という現実。

逆に言えばこれぐらいの
お金があれば、足りるという事。

お金を稼いでも
インフレやデフレの影響も多少あるかもしれないが
ここ数十年、一般の普通の生活をしている人の
物価状況が大きく変わったかというと
そういう事もない。

その状況から見ても
これから大きな変化がない限り

生きていくために必要な
お金は大きくは変わらないだろう。

それを踏まえた上で
どのようにして、
その必要なお金を稼いでいくかの
情報提供を行なっていこうと思う。

先日、銀行で振り込み。どの銀行でも10万円以上現金振込出来ない。振り込め詐欺が原因か。

先日、現金で銀行に振り込みに行くと
どの銀行でも10万円以上は、
現金で振り込み出来ない状態になっていた。

キャッシュカードで口座からであれば
振込出来るが非常に不便だ。

銀行へ行ってから大体こんな感じだった。

ある法人の口座へ10万円以上、
振り込みが必要だったので
まず、メガバンクAのATMに行き

お振込みの操作をしていると
10万円以上は、現金で振り込み出来ないの表示。

「え!何で?」

何回操作しても出来ない。

急いでいたので
銀行員がいる別のメガバンクのATMへ行き

同じように現金でのお振込みの操作。

やっぱり10万円以上は
現金でお振込み出来ない。

1分でも早く
振込したい状況であったため、

★私

銀行員に
「何で10万円以上、現金で
 振り込み出来ないんだよ!」
と急いでいたので少々キレ気味の私。

●銀行員

「10万円以上の現金での
 振り込みは出来ません。」

★私

「それは、画面表示に書いてあるだろうが!
 そんな事は聞いてない!

 何で振り込みが出来ないのか
 具体的な理由を聞いてるんだろうが!」と

急いでいるのに
的外れな返答をする銀行員へ段々キレだす私。

(普段は、大人しいよ(^-^))

●銀行員

「振り込め詐欺が多いので
 その対策で・・・・」

と最初は強気だった銀行員が
段々声が小さくなってきて

★私

「は!振り込め詐欺?
 そんなものに、
 騙されるように見えるのか!

 人を馬鹿にしているのか!

 急いでいるのに下らない事言うな!」

と怒りが爆発しだした私。

●銀行員

「あの・・・・」
段々態度も声も小さくなっていく銀行員。

★私

「誰でも振り込め詐欺に
 騙される訳じゃないだろうが!

 そんな事ぐらいで
 いちいち送金に制限が掛かったら
 商取引で不便だろうが

 いい加減にしろ!」

と完全に怒りが爆発した私。

●銀行員

「・・・」

この後、他のメガバンクへ行き

仕方なくわざわざ口座に
振り込みするお金を入金し
キャッシュカードから振り込む形で
振込が完了した。

どうやらどこの銀行でも

銀行員は10万円以上、
現金で振り込み出来ないようにしているのは、

お客様が振り込め詐欺の被害に
合わないようにと

わざとらしい
「あくまでお客様のために・・・」と
話をしていたが
それは嘘だろう。

銀行は、単に誰が誰と
お金のやり取りをしているかを
把握したいだけだろうが。

そもそも銀行の客が
振り込み詐欺にあったところで
銀行には何の損害もない。

客が振り込め詐欺にあったところで
銀行がそのお金を立て替える訳も無いのに。

それにも関わらず
口座から口座へお金を動かすように
しなければならない仕組みにする
合理的な理由が見つからない。

今回は、早く振り込みする必要があったのと
銀行員が的外れな返答をしたので
若干キレ気味だったが

普段は、大人しくて控えめで穏やかな
私なんだけどね(*^-^*)

いつでも心を穏やかに保てるよう
日々心の修行だね!

まあ、私も人間だから無理な時は無理だけど・・・。