「賢人の考えるトラブル対応」カテゴリーアーカイブ

先日、商業施設でウォシュレットが壊れ水が止まらないトラブルに遭遇。

先日、大型商業施設へ買い物へ行き
トイレのウォシュレットのトラブルに遭遇した。

その日は商業施設へ行き
トイレへ行った後、買い物に行くつもりだった。

トイレに行き
ウォシュレットと使い
その後、ウォシュレットの水を
止めようと思ったら、

「ウォシュレットの水が止まらない!」

どのスイッチを押しても反応せず
ひたすら水が出っぱなしの状態になった。

「え!何でだ!どうしよう!」と
なった。

いつも商業施設への買い物は、
人が少ない時間帯に
買い物へ行っているため
トイレで人と遭遇する事も殆どない。

数分間、ウォシュレットの水が
出っ放しの状態で待っていたのだが

水が止まる様子が全然無く
誰かが来そうな様子も無い。

しかも水の勢いは全開で
水圧の強さの調整も出来ない!

そのまま、
トイレから出る訳にも行かず
誰かを呼ぶにも呼べない。

「今の状態のまま
 いつまでもいる訳には行かないし
 何か風邪を引きそうだな!」
と思ったので
(夏場で良かった!)

何とか出来る方法は、
無いかと考えてみた。

スイッチ類は、どれを押しても
全て効かなかった。

若干、わがまま気味の私は
段々ムカついてくるかと思ったが
お尻が水で冷たい状態だったので
意外と頭は冷静だった(^-^;)

「他の出来そうな事は・・・」
と思い

「とりあえず、水が出ないように
 水を止められないか?」
と考えたが

水を止められそうな
レバーらしき物などが無かった。

次に考えたのが
「ウォシュレットの操作は
 電気で制御されているはずだから
 電源の入直してはどうだ?」
と考え

電源スイッチは、効かないので

ウォシュレットから壁の
コンセントに繋がっている
電源ケーブルを抜いてみた。

すると水が止まった。

その後、抜いた電源ケーブルを
コンセントに差すと
ウォシュレットの電源も入った。

正常動作に戻っているか
一瞬、ウォシュレットを
操作してみようとも思ったが

また水が出っ放しで
動けなくなる可能性もあったので
余計な事はせず、

そのままトイレから出て
近くの店員に

・ウォシュレットで水が出っ放しになっていた事。

・電源の入れ直しで今は水が止まっている事。

・今の状態のまま、他の客がウォシュレットを使うと
 同じ現象が起こる可能性があるので
 点検した方が良い事。

その3つを店員へ伝え、買い物に向かった。

ウォシュレットで
水が出ないというのは、よくあるし
その場合、トイレから出れば良いのだが

ウォシュレットの
水が出っ放しで止まらないというのは
初めてだった。

本当に
「こんなことあるんだな~」
と思った。

あなたも同じように
ウォシュレットの水が止まらない
トラブルに遭遇したら
電源の入れ直しを試してみてはどうだろう。

こんな非電源式のウォシュレットもあるんだね。

大人が海や川に落ちた時、子供と同じ対処で大丈夫かな?という人への動画。

子供が海や川に落ちた時の対処法としての
着衣水泳は、学校などで
よく行なわれているようだ。

基本、「浮いて待て」のようだが

大人の場合、子供よりもかなり体重が重く
身体も大きいため、子供と同じ対処法で大丈夫なのか?
という疑問がある。

下記の動画は、大人の場合どうなるかの体験を
動画にされているので大人の人は
こちらの動画の方が参考になるかも。

知って安心!着衣泳の正しいやり方 日本財団 海と日本PROJECT in やまなし 2019 #04

学生時代に普通に泳げていた人でも
社会人になり、運動量がかなり減り、

筋力や体力が落ち体重も増え、
体型も太り気味になっている人も
多いと思う。

気持ちでは、動いているつもりでも
身体がついてこないという事もあるので

過信せず
冷静に今の自分の泳力を
時々プールなどで
確かめた方が良いと思うよ。

でないと
いざ、という時に
自分の泳力の無さに驚くかもね。

子供が海や川に落ちた時の対処法。着衣泳。水辺に気を付けよう。

私が子供の頃は、無かったような気がするが

今では、服を着たまま海や川に
子供が落ちた時に溺れないように
着衣水泳という事が行なわれているようだ。

水の事故を防ぐ!
小学生が着衣水泳を体験
日本財団 海と日本PROJECT in 鹿児島 2019 #23

水着だけで泳ぐのと
服を着て泳ぐのとでは
感覚的に、
かなり違うだろうし、

それに服を着たまま
水に落ちた時に冷静に対応出来るよう
疑似体験が出来るのは
とても良いと思う。

自分の浮力だけで浮くだけでなく
ペットボトルなどで浮く方法などを
体験しておくと役に立つ時も来るかもしれない。

いざ、という時に
周りの大人が居るとか限らないし
周りに大人が居たとしても
適切に対処出来るとは限らない。

結局のところ
自分の身は自分の身で
守るしかないので

子供であっても
自分で自分の身を
守る能力を身に付ける機会は
どんどん増えた方が良いと思う(^-^)