「賢人が考えるお得な生活」カテゴリーアーカイブ

宅配サービスを行っている生協(コープ)。食料品や衣料品・雑貨まで楽で便利で自宅へ配達。

宅配サービスを行っている生協(コープ)。

仕事で買い物の時間が取れないサラリーマン(会社員)、

子育てや家事で忙しい主婦、

遠くまで頻繁に買い物へ行けない高齢者などに

生活協同組合(コープ)の
宅配サービスは幅広く利用されている。

私の知り合いの主婦の人も
買い物に行く時間がもったいないという理由で
生協(コープ)の宅配サービスを利用している。

私の印象では比較的高齢者の人が多く
利用しているのを見かける。

遠くまで頻繁に買い物に行くのも大変だろうし
それだったら楽で便利で自宅まで配達してくれる、
生協宅配サービスを利用しようということだろう。

以前、
住んでいた一戸建てでも集合住宅でも
高齢者世帯に
生協(コープ)宅配サービスの
お兄さんが

毎週、決まった日に
配達に来ているのをよく見かけた。

特に集合住宅の高層階の
高齢者世帯には多いようだ。

重たい買い物の荷物を持って
階段で何階も上がっていくのは
身体に、かなりの負担が掛かるのだろう。

それだったら
まとめて配達してくれる方が良いよね!

配達してくれる商品は、
かなり幅広い。

食料品(生鮮食品)
・肉
・魚
・野菜など

食料品(その他)
・お菓子
・冷凍食品
・惣菜
・弁当
・飲料品

食料品以外には、

・日用雑貨
・衣料品
・化粧品
・園芸用品
・ペット用品
など

生活に必要で使うものが一通り、
配達してくれるのでとても助かる。

いちいち買い物に行かなくても
1週間に必要な買い物を
まとめて出来るので
無駄な時間の短縮にもなる。

それと生協(コープ)は、
衛生管理にかなり力を入れている企業だと思う。

私の移動している地域で生協が何か所かあるが
去年、コロナで緊急事態宣言が出た直後に
お店に行ってみると

レジ店員の全員が
目にはゴーグル、
口と鼻にはマスク、
手にはゴム手袋で
お客様対応をしていた。

その時、これぐらい衛生管理が
徹底しているお店は初めてだと正直、思った。

それに
生協(コープ)には、
コープ商品というプライベートブランドがある。
(イオンのトップバリュみたいな感じ)

CO・OPスライスチーズなどは、
安いので私もよく買って食べている。

生協(コープ)宅配サービスは、
とても便利なので

・買い物で楽したい人

・自宅まで配達して欲しい人

・便利に買い物をしたい人

・時間を短縮したい人

・店舗に買い物へ行くという
 コロナ感染リスクを減らしい人は、

きんきエリアでは200万人の方が利用している
生活協同組合(生協、コープ)の
宅配サービスを是非、利用してみてね!

最近、増えているドライブスルー。先日見たクリーニングのドライブスルー。

コロナの影響で再注目されているドライブスルー。

以前からマクドナルドや
吉野家、すき家のドライブスルーは
見たことがあったが

先日、たまたま車で走っている時に
クリーニング店のドライブスルーを見かけた。

最初、何の店舗かな?と思ったが
よく見るとクリーニング店で
珍しいドライブスルーだった。

雰囲気的には、こんな感じ!

・忙しい朝に便利  24時間対応ドライブスルークリーニング クリーニングのエブリ

・ドライブスルー クリーニングのエブリ

・大垣市加賀野店(ドライブスルー店) 来夢(ライム)クリーニング

新型コロナウイルスの終息は
まだまだ見えないので

これから様々な業種での
ドライブスルー化が
始まるかも知れないね。

マクドナルドやケンタッキーなど
外食チェーンでも
ドライブスルーが増えている。

ドライブスルーは、
殆どの人が自動車じゃないと
ダメだと思っているようだが
バイクでも対応可能な所もある。

事前に店舗へ確認しておく必要があるが
電話注文の際に、バイクでも良いか聞いてから
注文して買いに行くと良いと思う。

ただ基本的に自動車対応の所が多く、
バイクでも可能なところもなくはないが
店舗ごとによるようだ。

スクーターだったら
コンビニフックに掛けて
そのまま移動出来るので

店舗に入らず
バイクで気軽にドライブスルー出来る
お店が増えれば
外食産業が盛り返すかも知れないね。

海面上昇の影響が確認出来る「Flood Maps」。自分の住んでいる地域は・・・。

世界的にコロナが
猛威を振るっているが

地球温暖化も結構、問題。

気象庁の発表だと若干海面が上昇している程度だが
自分でもできる事を考える必要があると思う。

・気象庁 海洋の健康診断表 日本沿岸の海面水位の長期変化傾向

自分が住んでいる地域が海面上昇した場合に、
どれぐらい水位が上がってくるか
確認出来るマップがある。

Flood Maps

今よりも水位が+1m~+60mまで確認出来る。

地震で津波が来て
水位が上昇した場合にも

どのあたりまで水害が及ぶかの
目安にもなるので自分が住んでいる地域は
大丈夫か確認してみてはどうかな。

それとそれぞれが地球温暖化対策として
個人的に出来る事はJCCCAのホームページが
参考になるので
是非、見てみてね(^-^)/

家庭部門の動向と対策 –
JCCCA 全国地球温暖化防止活動推進センター
https://www.jccca.org/home_section/