「日本ガラケー(フューチャーホン)」カテゴリーアーカイブ

ガラケーを使い続ける理由。通話とメールだけでいい。セキュリティリスク回避も。

私がガラケーを使い続ける理由は、

1.折り畳み式で開ける携帯電話の形状の方が通話しやすい。
2.電話に求めているものは通話とメールだけ。
3.通話とネットの両方を使えばバッテリーがすぐに無くなる。
4.スマホと違い独自OSのためネットからのセキュリティリスクがほぼ無い。
5.割れるほど壊れるような事がないので頑丈。
6.操作がしやすい。

これはガラケーのメリットだと思う。

1.折り畳み式で開ける携帯電話の形状の方が通話しやすい。

スマホは段々巨大化しているが
まだまだガラケーを開いた状態よりも縦の長さが短いものが多い。

ガラケーは、固定電話の受話器のように
耳から口までの長さになっているものが多く

開いて伸ばした時の角度も
受話器のように弧を描いているので話しやすい。

まあスマホ+Bluetoothヘッドセットという手もあるが
話しやすさや聞き取りやすさでは
ガラケーの方がスマホより上だろう。

2.電話に求めているものは通話とメールだけ。

今まで携帯電話は、出先で通話するために持っていた。
それにメールが加わり便利になった。

携帯電話やスマホでは画面が小さすぎて
パソコンほど効率よく高速で
ネット検索や閲覧が出来ない。

私は、初代iPhoneが発売されたときに初めてスマホを使った。

でも半年ほどして解約した。

その理由の一つは結局、iPhoneではパソコンほどの
高速で多くの画面を開いて検索閲覧しまくる
私の使い方ではストレスが溜まるだけだったというのが理由。

いくらスマホが進化しても
パソコンほどの画面の大きさにはならないだろうし
(それなれば、もうタブレットか普通にパソコン)

パソコンのように沢山の画面を開いて高速で
効率よく情報を処理する事も出来ないだろう。

おそらく私の場合、パソコンを使いまくる仕事の延長で
スマホをパソコンのように使えればと考えたので不満が出たのだろう。

スマホにパソコンと同じことを求めた結果、解約する事になったが
通常使用する場合には、あまり不満も出ないのかもしれない。

3.通話とネットの両方を使えばバッテリーがすぐに無くなる。

今のスマホは、バッテリーの技術もOSの技術も向上して
少しはマシかもしれないが

私が初代iPhoneを毎日使いまくる生活をしていた時は、
もう毎日のように充電していた。

それと同時に、いつバッテリーが無くなるかの不安が常にあった。

「これ、通話と一緒の機器だったらバッテリーが無くなったら~」
といつも考えていた。

これは一日の間に、どれぐらいの頻度で使用するかにもよるし
どんな使い方をするかにもよる。

だから私は通話の電話とネット検索端末とは別に持つ方が良いと思っている。

4.スマホと違い独自OSのためセキュリティリスクが無い。

一番気になるところで
ガラケーは、独自OSであるため
コンピュータウイルス(マルウェア)に感染するリスクがほぼない。

android端末やiPhoneのIOSは常にセキュリティリスクがある。

スマホに、自分の個人情報だけでなく、
家族や友人知人の写真や動画、個人情報を入れている人も多いと思う。

パソコンの場合、ウイルス作成の可能性が一番高いのが
Windows OSのもの、次にMacOSだろう。

スマホの場合一番多いのがandroid OSのもの
次にIOSのものだろう。

だからウイルス感染のリスクがあるという
ストレスが常にある。

その点、独自OSのガラケーは、
ウイルス感染して問題が起こる可能性がほぼない。

つまり安心して使えるという事。

5.簡単に割れるほど壊れるような事が少なく頑丈。

スマホの場合、形的にも持ちにくいし
そのため操作している時に落としてしまい
壊れたり正面が割れたりする場合も多い様だ。

その点、ガラケーは結構頑丈。

何回か落としたところで
スマホに比べれば簡単に液晶は割れないし
本体が壊れる可能性もスマホに比べれば少ない。

6.操作がしやすい。

慣れの問題もあるが
物理的にキー操作するのと
画面上のソフトキーボードを操作するのとは
操作性がかなり違う。

入力の際に物理キーボードでは打ち間違いが少ないが
画面上のソフトキーボードの場合、指の動かし方で
上手く認識せず物理キーボードに比べれば
入力間違いを起こしやすいと思う。

いろいろガラケーの事を書いてきたが

逆にデメリットと言えば
ネット検索やネットサービスがあまり使えない事ぐらい。

ガラケーの場合は、ブラウザが古いため
Wifi機能付きのガラケーでも
ネット接続出来ない機種や
ネット接続出来ても一部のホームページしか閲覧出来なかったりする。

今後は、いくつかの機種で試してみるつもりだが
ブラウザが新しく更新できない以上、
その機種のブラウザ機能で見る事が出来るホームページを活用するしかない。

最終的にはガラケー+パソコンの人か

ガラケー+スマホ+パソコンの人になると思う。

スマホも使い方次第だけどね。

あと約6年ガラケーを使い続ける不安をなくしていこう。対策が分かっていれば問題ない。

ガラケーを使い続けるのに不安がある人がいると思う。

どのあたりが不安かというと

1.携帯電話が壊れた時
2.充電器が壊れた時
3.バッテリーが使えなくなった時

大体、この3つが解消されれば
問題なく使い続ける事が出来ると思う。

1.携帯電話が壊れた時

実際に使用する携帯電話機と
予備機を合わせて2台ほど用意しておくと大丈夫だろう。

ガラケーは、
もう通信会社のショップでは買えないので
中古パソコンショップやリサイクルショップ、
ネットオークションなどで買えばいい。

売っているので中古だけではないので
中古品が気になる人は、

新品未使用品などもまだまだあるので
それを選べば良いと思う。

2.充電器が壊れた時

充電器が壊れると充電できないので
事実上使えなくなる。

これも実際に使用する充電器と予備の充電器、
あとは、乾電池での充電器や車載用充電器など

今安くなっているソーラー充電も用意しておくと良いかもしれない。

通常充電する充電器以外の充電環境を作っておけば大丈夫。

まあガラケーは電池持ちが良いので
バッテリーが無くなりかけたら

通信会社のショップへ行って充電してもらうのも一つの方法。

バッテリーの減り具合にもよるが
一時間ぐらい充電してもらえば使えるようになる。

家の近所や通勤通学ルートに
通信会社のショップがあるかどうか
事前に調べておくと良いと思うよ。

3.バッテリーが使えなくなった時

バッテリーが消耗し過ぎて使えなくなった場合だが
それも普段使うものと予備の物をいくつか
持っておくようにすれば大丈夫。

私が7年ぐらい使っている
ガラケーのバッテリーでも結構持つので
いくつか中古パソコンショップやリサイクルショップ、
ネットオークーションなどで買っておけば大丈夫だろう。

まとめると
携帯電話2台、充電器2台、バッテリーパック2個ぐらいあれば
あと6年十分使い続けることが出来ると思う。

何も皆がスマホになっているからと言って
スマホに買い替える必要はない。

そもそも携帯電話は通話とメールが出来れば良かったり、
通話とメールしか使えない人も多いと思う。

何でも多機能になれば良いというものでもない。

ガラケー好きな人は解約せず使い続けよう(^-^)/


amazon あなたのスマホがとにかく危ない~元捜査一課が教える SNS、デジタル犯罪から身を守る方法 (単行本)


amazon NHKスマホ・リアル・ストーリー 危険から身を守る 学校・通学路・遊び場・家

ガラケーがあと約6年で終了する。それまで使い続けるガラケー派。

スマホに買い替えている人も多い様だが
私は、スマホも使うが基本ガラケーが好きだ。

私が最初持ったのはポケベルで
その少しあとにポケベルと一緒にアナログ携帯電話を持っていた
移動体通信が好きな人間だ。

ガラケーは、日本独自に進化したとも言われている。

6年後以降は、もう使えないかも知れないが
今、ガラケーを使っている人には是非、使い続けて欲しいと思っている。

私ようなガラケー派は、少ないかも知れない、
ただ私自身ガラケーを
あと6年持ち続け使い続けるので

後々には衛星携帯電話や
IP無線も視野に入れていこうと考えているが
ガラケーの使い方も
いろいろ探求しながら
ブログに書いていこうと思う。

「自分は最後までガラケーを使い続ける!」という人は
時々ブログを読んでね(^-^)