「☆ITジェネラリストの生き方」カテゴリーアーカイブ

消えゆく公衆電話。公衆電話からのネット接続が懐かしい。

普段使わないけど、
あった方が良い公衆電話。

どんどん削減されているみたい。

・【独自】公衆電話を削減、避難所に重点配備…20年間で利用は50分の1まで減少(読売新聞オンライン) – Yahoo!ニュース
携帯電話が出先でバッテリー切れになった時などに
公衆電話があると
とても役に立つ。

それに携帯電話へ怪しい電話番号から掛かってきた時、

折り返して相手を確認するのにも使える。

病院など携帯電話やスマホの使用に
制限が掛かる場所でも役に立つので
私が病院に入院している時には
よく公衆電話を使っていた。

主に天気予報などだけど。

今は、スマホや携帯電話などで
いつでもどこでも電話が出来る時代ではあるが

通信機器は、バッテリー切れ、故障、破損などで
使えなくなった時には、非常に困る。

少し前に公衆電話の事を調べたら

以前は多かったディジタル公衆電話が
かなり減っているみたいで

昔を思い出して公衆電話回線から
インターネットしようと思っても
ディジタル公衆電話自体が中々見つからない。

下記の公衆電話検索サイトで確認してから出かけるしかない。

・公衆電話設置場所検索 NTT東日本

・公衆電話 設置場所検索 NTT西日本

商業施設や病院などで公衆電話の場所を聞いても
「どこかあったかな?」と言われることも多い。

昔のようにアナログ電話の受話器からネット接続出来る、
音響カプラなども売っていないし

ディジタル公衆電話だと電話機に直接、線を繋いで
インターネット出来たのに
それもその内、出来なくなりそうだ。

昔、シャープの情報端末PDAの
ザウルスを使ってデジタル公衆電話でインターネット
していた頃の事を思い出すと懐かしく思う。

災害時には、公衆電話の通信回線は
一般家庭用の通信回線より
優先されるので歩いて行ける範囲にはあって欲しいところ。

家庭用電話も
アナログ回線→ISDN回線→光回線と変わり、

携帯電話も
アナログ携帯電話→デジタル携帯電話→スマホと変わり、

インターネット回線も
アナログ回線→ISDN回線→ADSL→光やWifiと変わり、

どんどん変わりゆく通信業界。

元々電話や通信が好きで
通信業界で働いていた事もある私。

今でも私は、常にテレホンカードを持ち歩いている。

レンタルサーバでブログ運営。無料ブログサービスの急な終了リスクを気にしなくていいね。

私は、独自ドメイン+レンタルサーバで
ブログを運営している。

レンタルサーバで運営しているのは
無料ブログサービスの
急な終了リスクを減らすためだ。

無料で使わせてもらっているから
無理は言えないが折角作ったブログが
急に無くなると正直困るよね?

私も以前、様々な無料ブログサービスで
ブログ運営をしていたんだけど
今は、レンタルサーバで運営している。

レンタルサーバって

「結構、高いんじゃないの?」

「そういうのって会社とかが
 やるものなんじゃないの?」

と思われがちだけど

全然そんな事は無いよ。

個人でも独自ドメインを取得して
使っている人は多いし、

レンタルサーバの価格も
特に高いというほどでも無い。

かなりの業務用的に使う場合は別にして
普通に個人として使う分には、

月に数百円で使えるレンタルサーバが多い。

レンタルサーバの会社によって
サービスが違ったりするので
自分に合ったものを見つかると良いね!



これからの生き方に向けてネットに自分の名前を持ってみては。独自ドメインで!

私は今、独自ドメインとレンタルサーバで
ブログを運営している。

以前は、いくつかの無料ブログサービスを
使っていたが

ある時期から独自ドメインとレンタルサーバで
運営しようと思い、今そのようにしている。

無料ブログサービスは
手軽ですぐに始めやすい上に
お金も掛からない。

だけどその反面、
自分に意図しない広告が入ったり
利用方法に規制が掛かったりなど
使えば使うほど
自分の思うように使えない状態になり、

いくつかの
無料ブログサービスを利用した後、

今の独自ドメイン+レンタルサーバでの
ブログ運営に落ち着いた。

ブログサービスが急に終了する
リスクも常にあったので
それも心配の一つだった。

私のブログの使い方は、
至ってシンプルで

普段は忙しくて会えない知り合いへの
自分自身の近況報告と

趣味で知り合いに
役に立ちそうな情報の提供だ。

そのようなブログの使い方でも
急に終了して使えなくなると
また最初から作り直しになったりするので

もう多少お金が掛かっても
自分で運営出来る仕組みを使う事にした。

ちなみに私が最初に独自ドメインを取得したのは
「お名前.com」で

もう10年以上前の事で
その頃は、
コンピュータネットワークに
関する仕事をしていて
サーバ構築の基本的な事は分かっていたが

ホームページ運用などの
WEB技術に関する知識が
あまりなかったので

「お名前.com」の
ホームページを見ながら
一生懸命、何とかドメイン取得した事を思い出す。

ドメイン名は、よくインターネット上の
住所と表現される。

それは、IPアドレスとリンクして
使われるからだろう。

ちょっと難しいかもしれないけど
通常ドメイン名は、

(私のドメイン名 ul-generalist)

インターネット上にあるDNSサーバという
ドメイン名をIPアドレスという数字と
変換してくれるサーバというコンピュータ

でIPアドレスとリンクして使われるからなんだけど

私自身は住所というより、
ネット上の自分の名前のようなものだと思っている。

例えば仕事などで名刺をもらった場合、
その人の会社のホームページのURLのドメイン名は
会社名か会社名を想像出来るものが多いと思う。

つまり名前。

今の時代、子供から年配の方々まで
インターネットを多くの人達が使っていると思う。

連絡を取り合ったり、
近況報告もネットの方が早いので
活用している人も多いだろう。

その傾向は、これから
どんどん広がっていくと思う。

そんな時代だから
ブログを書いたりなど

ネット上で活動する名前として
独自ドメインがあると
いろいろ役に立つ事も多いと思うので

自分だけのネット上の名前になる
独自のドメイン名を
持ってみてはどうだろう(^-^)/