「心のあり方 日常」カテゴリーアーカイブ

ウォーキングしてみて気付いた事。運動というより禅みたいな感じだね。

最近、トレーニングに使えそうな公園を
近所をウォーキングしながら探している。

朝も夕方も夜も
ウォーキングしている人達が結構多い。

約10時間など長時間歩いても
疲れない私にとってウォーキングは、
あくまで買い物などの移動の手段であり
鍛えるための運動にはならない。

よく一日に1万歩や
1万5000歩ぐらい歩くことが
健康に繋がるという話があるが

それは普段から殆ど動かない
高齢者限定の話だと思う。

普段から殆ど動かない人が
何かしら動けば
運動と言えば運動になるんだろう。

ただそういう人間に限って
普段は、歩いたりせず
車やバスで移動していると思うが。

だから年齢的に高齢者よりも
若い世代の人達が
ウォーキングしたところで
大して運動になっていない。

例えば、カロリー消費のためには
一時間位走らないと

おにぎり一個分のカロリーを
消費することにはならないと言われている。

それであれば歩いたところで
大して運動にならないのは当たり前で

ウォーキングで運動になっていると
思ってやっている人達は
カロリー消費のためという結果には
結びつかない
単なる自己満足になっているという事。

本当に運動で健康を維持したり
したいのであれば

高齢者より若い世代は
きちんと何かのスポーツか運動を
やった方が良いと思う。

自分自身も用事もなく運動のために
ウォーキングするという事は無い。

ただウォーキングを別の視点で見てみた。

それは禅。

ウォーキングは
運動というより禅なんだと思う。

大して疲れもしないので
運動にはならない。

だけどただ歩く。

無心になってひたすら歩く。

坐禅は座った状態で

リラックス状態になり頭がスッキリしたり
雑念を振り払い無心になったり
意識を集中させたり
など様々な効果があると言われている。

屋外をウォーキングしていると
適度な外部的な刺激がある。

空気の流れであったり
木々の匂いであったり
人の声や車の音であったり
いろんな形の建物が見えたり
など適度に五感が刺激される。

それでいて「ボーっと」歩いていると
木や電柱にぶつかったり
溝に、はまったり
道を間違えたりなどを
してしまう事もあるだろうから
適度な集中も使う。

ウォーキング中は
五感や集中は適度に使うが

意識自体は、
余計な事を考え過ぎる必要が無く
「安全に歩く」ぐらいの事だけ
考えておけばいいので
雑念を振り払い無心状態に
持っていきやすい。

雑念が出てきても
歩いている足からの刺激で
その雑念も打ち消しやすい。

もし余計な雑念が出てきても
足を痛めない程度に
強く地面を踏めば
その衝撃で雑念も消えるだろう。

足を「バン!」と踏めば。

つまり、まとめると

ウォーキングは
普段殆ど動かない高齢者には
ある程度運動になるが

高齢者より若い世代が
ウォーキングしたところで

単なる自己満足になってしまい
カロリー消費のための運動にもならないが

禅のような効果があるので
運動目的ではなく

雑念を振り払ったり、
無心状態になりたかったり、
意識を適度に集中した状態で
物事を考えたりするのには

ある程度効果があると思う。

昔の科学者が散歩しながら
考え事をしていて

新しい発想が生まれたり
新しいアイデアが生まれたり
したのは

歩きながらの適度な刺激の中での
禅のような状態だったからなんだと思う。

自分の行動をいろいろ観察しながら
分析してみると面白い(^-^)

あなたも運動ではなく歩く禅だと思って
ウォーキングしてみてはどうかな(^-^)/

こんな本が出ているので参考になるかもね(^-^)

先日、美しい満月の写真を撮ってみた。デジカメの使い方が勉強になった。

先日、雲が無く満月を
見る事が出来る日が
続いていたので
穏やかな心で眺めていた。

折角だから
デジカメで写真を撮ってみようと
思い撮ってみたら
最初は、
単に、ぼやけた丸い光にしかならなかった。

かなり良いデジカメでないと
月の写真は撮る事が
出来ないのかと思ったが

いろいろ調べてみると
どうやら
F値と
シャッター速度と
ISOを調整すれば
撮影出来そうだ。

下記のページが参考になった。

・月の表情を撮る  デジタル一眼カメラ α(アルファ)で 写真撮影を楽しむ  活用ガイド ソニー
実際の調整して撮影してみると
このような感じで綺麗に撮影出来た。

今までただデジカメまかせで
そのまま写真を撮っていたが
いろいろ調整しながら撮る方が
綺麗な写真が撮れそうだ。

数日前から自宅のベランダから
綺麗な満月が見えていて

このブログは、
知り合い達が多く見ているので

私自身が
「美しいな~」
「良いな~」
と感じたものを
見て欲しいと思っていた。

これからは文字だけでなく
出かけた時に
時々写真を撮って
ブログへ載せていこうと思う(^-^)

スーパーなど店員が客へ配慮する店しない店。客質にも影響が出ている感じ。

私は様々な店へ買い物しに行くが
店員が客へ配慮する店かしない店か見るようにしている。

それは、客質にも影響が出ているし
店員の質も客の質も悪い店では気持ち良く買い物出来ないので
そんな店には行かない。

少なくとも客に対して不愉快な行動をする店員や
他の客の不愉快な行動を平気でする客がいる店で
買い物する気には成れない。

これから書くことは
あくまで私の経験上の主観であるため
参考程度にして欲しい。

店員も客質も良い店。

・ウエルシア薬局、
・スーパー万代、
・業務スーパー
・イオン
・ビバホーム

その時の店員やその時の客質による店。

・関西スーパー
・スーパーサンディ
・アルプラザ
・マザーピア
・コーナン

店員の対応を教育し直した方が良い店と
全員ではないが買い物に来ている
多くの客質が比較的悪い店。

・某電鉄系スーパー

判断基準は、
店員に関しては、
店員の態度、
客への説明の適切さ、
客へに対応の適切さ、
客への配慮などがあるかどうかなど

客に関しては、
平気で買い物カートを他人へぶつけてきたり、
商品を見ていると平気で他人の前を遮ったり、
レジ前で割り込んできたり、
商品を詰めるテーブルで必要以上に商品を広げて陣取ったり、

要するに平気な顔をして他人に迷惑を掛けたり
迷惑をかけても謝らないなど。

あくまで私の経験上で判断しているので
参考程度に。

今度店舗に行く時には観察してみてね。