「車・バイク」カテゴリーアーカイブ

ドライブレコーダーの設置で、さらに安全運転になった私。速度が記録されている。

煽り運転に合う機会が増えてきたので
少し前にドライブレコーダーを設置した。

・前後左右…あらゆる危険を繰り出す“あおり運転”車(テレビ朝日系(ANN)) – Yahoo!ニュース

これでも煽り運転で幅寄せされたり
前に回り込まれて嫌がらせをされても
即、警察に通報して証拠もある。

それとドライブレコーダーの映像を
パソコンでどんな感じか見てみた。

結構、綺麗に映っていて
記録映像には自分の車の速度が
記録されている事が分かった。

これは、何かあった時に
「そんなにスピード出していない!」
と言い訳が付かないという事。

これまでも安全運転で制限速度か
幹線道路では周りの車に合わせた速度で
走る位にしていたが

スピードがリアルタイムで
記録されているので
今では、どんな道でも
制限速度で走るようになった。

幹線道路でも複数車線があり
道路が空いていても一番左車線で
制限速度で走っている。

今まで以上に安全運転になった。

私は煽り運転は無くならないと思う。

厳罰化されたが
逮捕まで至るケースが少なすぎると思う。

実際、毎日のように車で走っていると
一日の間に何度も煽り運転にあう。

普通に走っていてもだ。

幹線道路などただ左車線を走っているだけで
特別、追い越ししている訳でもなくても

一旦停止など標識にしたがって
運転していても。

それが現状で

ニュースなどで
時々逮捕されているが

毎日のように車で出かけている人であれば
一日、何十人も逮捕者が出ても
おかしくないと思っているはず。

それぐらい煽り運転は多い。

だからといって環境によって車で
出かけなければならない人もいると思う。

だからこそ、
ドライブレコーダーの設置が大切。

360°カメラ+バックカメラが
理想で

リアガラスのスモークなどで
バックカメラの設置が出来ない場合には、

前方と側方の記録が出来る
360°カメラの
ドライブレコーダーでも良いし、

ルームミラー型の
ドライブレコーダーだったら
設置も楽だね!

煽り運転をする人間に

まともな人間の常識は
通用しないので

ドライブレコーダーで記録しながら
即、警察へ110番通報した方が良い。

「どこかに停めて車の中から
 警察に通報する!」

という話もあるが

停車すると停車している時に危険なので

停車するのであれば、
そのまま最寄りの警察署まで走って行って

警察署の駐車場に停車してから
その警察署や110番通報して
警察官に対応してもらう方が安全だと思うよ。



よく停めるタイムズ駐車場。私の車では結構狭い。タイムズの「目指せ!駐車の達人」

車で出かけた時、
よくタイムズ駐車場に停めるのだが

私の車には狭い。

車両制限が
全長5m、全幅1.9m、全高2.1m、重量2.5tになっているが
車幅が1.8m以上あるので
地面に書かれている二本の白線から
はみ出さないと駐車出来ない。

だから横に車が止まると乗り降りが困る。

なのにトナラーが
寄ってくるから本当に困る。

先日のある駅前駐車場へ行った時、
駐車スペースもそうだが
通路も狭く対向車が来たら
どうする事も出来ないぐらいの狭さだった。

もちろん通路自体の問題だけでなく
最近は大きい車が多いので
駐車スペースから全長の長い車が
通路にはみ出しているので通りにくくなっている。

私の車は、車幅は広いが
全長はそんなに長くないので
邪魔にはなっていない。

そんな感じで駐車スペースでの
駐車に困っているが
タイムズのホームページに
「目指せ!駐車の達人」が紹介されていて
とても車庫入れに参考になるので

車の大きい人は、
参考にしてみてはどうだろう。

・知ってる?運転のポイント  カーシェアリングのタイムズカーシェア

私が車にドライブレコーダーを付けた理由②。気持ちの悪いトナラー対策に!異常行動が多い運転手!

私がドライブレコーダーを付けた理由は、
煽り運転だけでなくもう一つ理由がある。

その理由はトナラーという
異常行動をする人間達の対策だ。

トナラーとは、
例えば

電車などで周りに座席が
沢山、空いているにも関わらず
わざわざ人の隣に座る人間や

駐車場で沢山、駐車スペースが
空いているにも関わらず
わざわざ止まって車の横に止める異常行動が

必要以上に隣に行こうとするトナラーだ。

あなたも遭遇した事が
あるのではないだろうか。

トナラーには、
人間に対してのトナラーと
車に対してのトナラーがある。

今回は、車に関するトナラーについて。

私は、以前から
とても気になっていた。

駐車場に止める際には、

当て逃げなどに合わないように、
入り口や出口から離れた所に駐車したり

駐車場が多く空いている
時間帯に駐車場へ行くようにしたりしていたが
それでもトナラーに遭遇する機会が多くあった。

周りに知り合いも遭遇していて
嫌な思いをしているようだ。

最初は、
「たまたまなのかな?」
と思っていたが

どんどん遭遇する機会が増える度に
そういう異常行動する人間が
一定数いる事が分かった。

ネットで調べてみると私や知り合い以外にも
トナラーに遭遇している人達がいるようだ。

トナラーも煽り運転と同じで
100%防ぐ方法は無い。

防ぐ事は出来ないが対策としては
駐車監視機能付きドライブレコーダーを
付ける方法ぐらい。

少し前に、ゴルフ場へ行った際に、
トナラーの車に遭遇した。

駐車場が多く空いているにも関わらず
私の車の運転席側に
乗りにくいぐらい詰めた状態で
停めていてドアに傷はついていないが

私が車を降りた際には
付いていなかった黒い汚れが
すぐ見て分かるぐらい付いていた。

おそらくトナラーが降りる際に
付けたのだろう。

私は、車トナラーに遭遇することが
多いのでどんな人間なのか観察してみた。

多いのが車のバンパーなどが凹んだ状態でも
平気で乗っている爺さん運転手、

次に商業施設の駐車場で
車庫入れの練習をしている運転に慣れていない
軽自動車の若い運転手などだった。

Youtubeの動画を見ていると
駐車場で他人の車にぶつけても
そのまま立ち去る運転手もいる。

そういうのを見ていると
やっぱりドライブレコーダーが必要だと思った。

駐車監視機能付きドライブレコーダーであれば
駐車中も監視出来るし、

車でぶつけられたり、
ドアにぶつけられたりしたら録画され
そういう録画は、通常の運転時の録画とは
別で録画され保存され記録として残る。

トナラーを対策する方法は、
ハッキリいって無い。

無いがトナラーから被害を受けた時の
対策は駐車監視機能付きドライブレコーダーで
出来る。

駐車監視機能付きドライブレコーダーは
煽り運転から被害を受けた時の対策だけでなく
トナラーに被害を受けた時の対策にも使える。

あなたも煽り運転やトナラーに
嫌な思いをしているのであれば
駐車監視機能付きドライブレコーダーを
付けてみては(^-^)/