「◇武器術マスターの生き方 (修行中)」カテゴリーアーカイブ

居合の稽古で使える木刀+プラスチック鞘。私も使っている。夜の公園の自主練でも。

居合の稽古で
普段は、居合刀や真剣を使っていると思うが

相対稽古の時に
それでは危ない。

そこで役に立つのが
プラスチックの鞘。

木刀を鞘の中に納めて
抜刀納刀が出来る優れものだ。

私も使っている。

夜、時間のある時に
居合の自主練習をしたい時がある。

家の中だと狭いので
公園に行くのだが

夜、公園などで自主練習する時、
居合刀でやれば、

見た目が真剣であるため
すぐに警察へ通報されるだろう。

だけど今のところ
私が住んでいる地域では
夜、公園で木刀+プラスチック鞘で
居合の自主練習をしていても
何も言われた事は無い。

もちろん無闇に振り回していて
人が居れば不審がられるだろう。

だから
私は、道着で公園で
自主練する訳にもいかないので
明るい色のTシャツなど

人が来ても
「あ~武道の練習しているんだな!」
という雰囲気や
振る舞いをするようにしている。

知り合いも
夜、公園で武術の
自主練をしているみたいだが
人が来た時には、

その人に聞こえるように
「エイ!」
「ヤー!」
と本当は掛け声を出さない技でも

「武道の自主練をしていますよ~」的な
アピールをしながら自主練しているようだ。

それでも、
もちろん地域にもよるだろうから
必ず大丈夫という訳ではないが。

家の中でも居合刀だと
どこかへ当てたら居合刀は傷む
木刀であれば多少当たって傷んだところで
気にならないだろう。

慣れれば意外と抜刀納刀が
自然と出来るようになる。

剣術の道場でも居合の動きをする際に
使っている道場もあるようだ。

大刀用だけでなく小刀用もあり

木刀+プラスチック鞘の組み合わせや

二刀流の稽古に使える大刀用と小刀用のセットの物もある。

居合刀や真剣での稽古や自主練は、
怪我をする可能性があるので

居合や剣術の初心者の人であったり
怪我を最小限にして
居合や剣術の稽古をしたい人は

実際に一度、使ってみると
本当に役に立つことが分かるよ(^-^)

真剣の日本刀での日本剣道形。実際に斬れる真剣だと緊張感がかなりあるよ。

真剣の日本刀を使った
日本剣道形の動画を見つけた。

演武する人は、かなり緊張感があると思う。

剣道を学んでいる人は、
この緊張感で日本剣道形の稽古をしよう!

日本刀真剣の妙技 真剣を使用しての剣道形

■太刀七本 

・一本目 左上段 対 右上段(面抜き面)
・二本目 正眼  対 正眼 (籠手抜き籠手)
・三本目 下段  対 下段 (突き返し突き)
・四本目 八相  対 脇構 (突き返し面)
・五本目 左上段 対 正眼 (面擦り上げ面)
・六本目 正眼  対 下段 (籠手擦り上げ籠手)
・七本目 正眼  対 正眼 (抜き胴)

■小太刀三本
・一本目 左上段 対 小太刀
・二本目 下段  対 小太刀
・三本目 正眼  対 下段

剣道マンガ「剣姫、咲く」女子高生の剣道部のマンガ。

剣道マンガで有名なのは「六三四の剣」。

世代を超えて読まれている漫画だと思う。

最近のマンガで剣道のマンガを探していて見つかったのが
「剣姫、咲く」という女子高生の剣道マンガ。

読んでみると中々面白い。

剣道の正しい説明を書かれているので
中々楽しめる。

なぎなたマンガ「あさひなぐ」のように
続けば良かったのだが第1巻~第4巻で完了している。

ただ、まだまだ話が続きそうな雰囲気で
完了しているので

もしかしたら数年後に復活するかもしれないと期待している。

剣道好きな人は、是非読んでみてね!