「◇体術マスターの生き方」カテゴリーアーカイブ

空道の大道塾マンガ「上等だぁ!~空道前夜~」フルコンタクト空手が好きな人に。

空道で有名な大道塾の
マンガ「上等だぁ!~空道前夜~」が面白い。

・「上等だぁ!~空道前夜~」 ? Daidojuku

一部無料で見る事が出来るので
フルコンタクト空手が好きな人は、
是非、見てみてね。

武器術の自主練は中々家で出来ないが
体術の自主練は家で出来る事もあるので

外出自粛明けを目指して
運動不足で身体がなまっている人は
モチベーションを上げながら鍛えなおそう(^-^)

先日の少林寺拳法の稽古。基本技の復習と相対稽古。

先日、少林寺拳法の稽古へ行ってきた。

突き技や蹴り技、受け技、運歩(歩法)を復習し
相対稽古が行なわれた。

内受けから突き技と
手首を持たれた状態から鉤手になり
打ち技で逃れる技の二つを稽古した。

やっぱり相対稽古は面白い。

でも寸止めが難しい。

かなりゆっくりやらないと当ててしまいそうになる。

少林寺拳法を稽古していて
寸止めも練習や慣れが必要だと初めて気付いた。

少なくとも
当たらない間合い、
当たる間合い、
寸止めの間合いぐらいの
調節は出来るようにならないといけない。

日本拳法やフルコンタクト空手のように
全力で当てる武道の後に
少林寺拳法のように寸止めで
稽古する際には気を付けないといけないと思った。

でもやっぱり相手がいる相対稽古は面白い。

単独で技の稽古している時よりも数倍面白い。

最後に少林寺拳法の柔法(関節技)を
いくつか掛けていただいた。

かなり効く関節技だった。

最近、関節技を毎日掛けられている。

手首は良いが指の関節へ影響のある関節技は
剣道で指を痛めている時には結構キツイし中々指が治らない。

剣道でケガをしないように剣道の防御技術を
どんどん上げていく必要があると思った。

それと少林寺拳法の突き技も蹴り技も独特な動きをする。

そのあたりの事は、次回にでも書いて行こうと思う。


[amazon]少林寺拳法 剛法の秘密 DVDでよくわかる!


[楽天]少林寺拳法柔法の秘密 どんな複雑な技にも、共通の原理がある。 (DVDでよくわかる!) [ SHORINJI KEMPO UNITY ]


[楽天]少林寺拳法柔法のコツ DVDでよくわかる! [ 少林寺拳法連盟 ]


[amazon]少林寺拳法 柔法のコツ 〈DVDでよくわかる!〉

先日の合気道の稽古。関節技掛けられまくり。人格形成と優しさ。

先日、合気道の稽古へ行ってきた。

前回は相手を崩す所までやったが
今回は相手を崩して
最後に合気道の関節技を掛けるところまで稽古した。

合気道は準備運動の手首の運動の際、
関節を柔らかくする目的もあるが
関節技をどのように掛ければ掛かるか
自分でも理解できるように手首の関節技を掛ける動作が
手首の運動の中に入っている。

今回、最後の方は関節技の稽古が中心になり
先輩に関節技を掛けたり掛けられたりの
繰り返しが行なわれた。

正直、
「剣道で竹刀を握る時に影響でないかな~」
と思いながら稽古していたが全く影響なかった。

合気道は、一人では稽古出来ない。

必ず誰かに相手をしてもらい
その相手に自分の稽古の協力をしてもらいながら
稽古する事になる。

だから先輩であっても後輩であっても
お互いが稽古になるような稽古のやり方をする。

自分勝手な人は、成長しないように出来ている。

でも、それはどの武道も同じだと思う。

自分だけ強くなれば良いとか
自分だけ成長すれば良いという人間は、
必ず頭打ちが来る。

相手が居て自分が居てお互いが成長するために稽古する。

それが武道は人格形成に役に立つと
言われている理由なんだと思う。

それにお互いに成長するためには
相手に対して
「お互いに成長するために頑張ろう!」という
優しさが必要になる。

戦いは相手を倒すために戦うもの。

だけど稽古は、共に成長していこうと
一見、戦いとは真逆なところもある。

合気道は、そういう部分を
理解するのに、
とても最適な武道だと私は思う(^-^)