先日の天道流薙刀術の稽古。天道流を続ける意味。

先日、天道流薙刀術の稽古へ行ってきた。

最近、よく考える天道流を続けている意味。

私は武術としての探究で天道流を修行している。

単なる運動でもなければ体操でもない。

どこでもそうだが
今は、武術を始める人続ける人も少ないので
来る人は拒まずという流派も多い。

だけど武術を学ぶ上である程度真剣さが必要だと思う。

単にやってみたいとか、
空いた時間に身体を動かしたいとか
「武術である必要は無いでしょ?」
「ラジオ体操か何かで十分でしょ?」
と言いたくなるように人も来る。

武術や武道の初心者であっても
真面目に真剣に稽古へ取り組むのであれば良いと思う。

ただ、これは特定の流派に限らず
いい加減な気持ちで参加して
周りの人も同じ感覚だと思い

真面目に真剣に稽古している人の
邪魔になっているにも関わらず
自分の堕落したペースに
引き込もうとしている人を
見ていると稽古へ受け入れる人を
ある程度考えて方が良いと
思う事も最近増えてきた。

仕事などでもそうだが
真面目に一生懸命取り組んでいる人間を
堕落している自分達のペースに
引きずり落とそうとしている人間を
見ていると正直不愉快だ。

そういう人間達が社会の中で
真面目に一生懸命生きている人間達の
足を引っ張り精神的に追い詰めているからだ。

私は武術を学び始めるのに
年齢や性別、武の経験など
関係ないと思っているが

武の修行は、
ある程度危険が伴うので武を学ぶ以上
安易な考えで参加したいと考えている人間は、
控えてもらいたいと思っている。

特に周りの空気を読めない
無責任な行動を取る大人は。

真面目に稽古する子供達の周りで
周りの空気を読めず無責任な行動を取る
堕落して適当に稽古している大人達がいる
という構図になってはいけないと思う。

今、私は天道流を続けている。

今後どれぐらいの思い入れで
稽古に取り組めるか続けていけるかどうかは
流派の考え方次第になるが
武術は単なる武の真似事では無く
あくまで武の技術であり

稽古は単なる運動ではなく稽古として行なわれ
修行は惰性で続けるのではなく
成長に繋げるための積み重ねの
修行であって欲しいと考えている。

武に関して、
稽古に関して、
修行に関して、
同じ志を持った人達だけで
稽古が出来る環境が望ましいと思う。

私が天道流を続けている意味は
自分の成長を少なからずとも
実感出来ているからだ。

それでも堕落している人間に
稽古を邪魔されたり、
周りに合わせることで成長が止まったり、
モチベーションが下がる事が無いよう
心掛けながら稽古している。

少し厳しい事を書いたが
私はただ武を修行として捉え
真面目に稽古に取り組みたいだけ。

今回も学べる事が多かったので
指摘されたところを修正して
次回の稽古へ繋げていこうと思う(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)