先日のなぎなたの稽古。稽古へ真摯に向き合う姿勢。

先日、なぎなたの稽古へ行ってきた。

なぎなたの稽古の後に
よく先生から生徒にお話がある。

とても勉強になるお話で
今回は稽古へ真摯に向き合う姿勢のお話がされた。

今、通っている大人も子供も
一緒に稽古へ参加する。

私の眼には子供達は皆、真面目に
一生懸命頑張って稽古しているように見えるが
先生の眼には頑張りが足りないように見えているようだ。

それは大人に対しても同じとのことで
先生は厳しい中で長年稽古されてきたので
先生の眼から見れば確かにとりあえず頑張っている
という風に見えているのかもしれないと自分でも感じた。

先生が言いたいことは、とても良く分かる。

要するに死に物狂いとまでは行かなくても
稽古時間は目一杯頑張る必要があると
言いたいのだと思う。

私も最近は、少し楽な環境に行こうとしてしまい、
自分を甘やかしがちだがそろそろ本気で
稽古へ取り組もうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)