棒術について。長さで棒術,杖術,半棒術,警棒術,短棒術に。

棒術について
ちょっと書いていこうと思う。

棒術には特殊なものは別にして

棒術 =六尺棒(約180cm)
杖術 =四尺棒(約130cm)
半棒術=三尺棒(約90cm)
警棒術=警棒(約60cm)
短棒術=短棒(約30cm)

大体、約30cmごとで種類が分かれる。

棒の基本攻撃特性は、打つ、突くの2つ。

練習する際に、まずはこの打つ、突くの
2つを意識して練習すればと思う。

あとは
高さ(上段・中段・下段など)や
角度(縦や斜めや水平など)や
体術(素手の突きや蹴り)との組み合わせなどで
バリエーションを増やしていく感じ。

棒が長くなれば遠心力で
破壊力を増すが扱いにくくなる。

棒が短くなればなるほど破壊力は落ちるが
早いスピードで扱うことが出来る。

詳しくは、様々な疑問を持ちながら
練習していくなかでまた書いていこうと思う。

まずは六尺棒(約180cm)+短棒(約30cm)があれば
練習しやすいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)