久々に始まったルパン三世。石川五右衛門の斬鉄剣について思うこと。

先日、夜中のアニメでルパン三世が始まっていた。
内容は現代風でネットを使って展開して行く内容で
それも興味があるがそれより五右衛門の斬鉄剣について
ちょっと注目してみた。

以前は、「こんなこと出来たら凄いな~」ぐらいで
見ていたが自分が居合や剣術を始め刀に接する機会が
出来、客観的に冷静にいろいろ考えてみた。

まず、

白鞘のままの刀で物を斬ること。

白鞘のままの刀で斬ると手が滑るので危ないと思うけど、
目釘も外れやすい気がするけど、
鍔がないと手が滑った時に刀身を掴みそうだけど、
ただそこは、アニメということと
五右衛門が達人というで・・・

(現実的には、木工用ボンドで鞘を割れないようにし
 柄の部分に滑り止めを張れば良いのかな?)

直刀であること。

直刀だと反りが無いので斬りにくいはずだと思うけど、
ただそこは、アニメということと
五右衛門が達人というで・・・

(現実的には、ただ刀を振るのではなく
 体術の組み合わせで斬れる刀勢を出せば良いのかな?)

鉄を斬ること。

鉄は斬れないことは無いと思うが
よっぽどの達人じゃないと斬れないと思うけど、
特に大きい物や太い物の場合、
全体を斬るのは難しそうだけど、

ただそこはアニメということで
五右衛門が達人で
折れたり刃こぼれしたり
しないような斬り方が出来るということで・・・

(現実的には、かなり頑丈な刀で
 体術との組み合わせでかなりの破壊力を出す
 必要がありそう?)

銃の玉を斬ること、弾き飛ばすこと。

以前、何かの番組で
刀を固定して銃で撃ってどうなるかという
検証しているのを見たが
銃の玉は意外と柔らかく
刀で真っ二つに斬れていたが
斬れても飛んでいくので体にあたりそう。

弾き飛ばすのも刀が欠けていきそうだが
ただそこはアニメということで

銃の玉を見切り、刀で斬っても弾き飛ばしても
欠けない強度の刀で
五右衛門がそれを出来る達人ということで・・・

いろいろ書いたが
ルパン三世に出てくる五右衛門が
やっていることには
居合や剣術をやっている人間から見ると
刀一振りだけでどんな敵でも戦って倒し切るという
凄いところに夢があると思う。

絶対に折れない欠けない
車でも建物でも真っ二つに斬る斬鉄剣。

一対多数相手の銃でも
他の武器でも戦いきることが出来る武術。

現実的に出来るかどうかは別にして
そういう視点で見ると結構楽しめると思う。

まとめとしてはルパン三世のアニメは
いろんな意味で夢を見せてくれるアニメだということ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)