筋トレとスポーツ競技や武道。必要な筋肉だけ付けよう。弊害になるから。

身体を鍛えるために筋トレをしている人は多いと思う。

わたしもそうだが
気付いた事がある。

自分が行なっている競技や武道などに
直接プラスになる筋肉を付けるために
筋トレであれば良いが

自分が行なっている競技に繋がらない
筋肉であれば弊害になる。

つまり筋トレをすればするほど
競技に悪影響という事。

ボディビルのように見栄えのために
鍛えるのであれば

どんどんいろんな筋肉を増やして
大きくすれば良いが

スポーツや武道の場合、
必要のない筋肉を無闇に増やすと
関節などの動きに影響が出る。

つまり折角、筋トレで頑張って付けた
筋肉自体が動きの邪魔をする場合が
あるという事。

だから私は、
自分が行なっているスポーツや武道に
直接プラスになる筋肉かマイナスになる筋肉かを
判断して筋トレするようにしている。

無闇に筋トレをしている人は、
もう一度、自分が行なうスポーツや武道に
直接プラスになるかマイナスになるか
良く考えて筋トレをするようにしようね(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)