私が車にドライブレコーダーを付けた理由②。気持ちの悪いトナラー対策に!異常行動が多い運転手!

私がドライブレコーダーを付けた理由は、
煽り運転だけでなくもう一つ理由がある。

その理由はトナラーという
異常行動をする人間達の対策だ。

トナラーとは、
例えば

電車などで周りに座席が
沢山、空いているにも関わらず
わざわざ人の隣に座る人間や

駐車場で沢山、駐車スペースが
空いているにも関わらず
わざわざ止まって車の横に止める異常行動が

必要以上に隣に行こうとするトナラーだ。

あなたも遭遇した事が
あるのではないだろうか。

トナラーには、
人間に対してのトナラーと
車に対してのトナラーがある。

今回は、車に関するトナラーについて。

私は、以前から
とても気になっていた。

駐車場に止める際には、

当て逃げなどに合わないように、
入り口や出口から離れた所に駐車したり

駐車場が多く空いている
時間帯に駐車場へ行くようにしたりしていたが
それでもトナラーに遭遇する機会が多くあった。

周りに知り合いも遭遇していて
嫌な思いをしているようだ。

最初は、
「たまたまなのかな?」
と思っていたが

どんどん遭遇する機会が増える度に
そういう異常行動する人間が
一定数いる事が分かった。

ネットで調べてみると私や知り合い以外にも
トナラーに遭遇している人達がいるようだ。

トナラーも煽り運転と同じで
100%防ぐ方法は無い。

防ぐ事は出来ないが対策としては
駐車監視機能付きドライブレコーダーを
付ける方法ぐらい。

少し前に、ゴルフ場へ行った際に、
トナラーの車に遭遇した。

駐車場が多く空いているにも関わらず
私の車の運転席側に
乗りにくいぐらい詰めた状態で
停めていてドアに傷はついていないが

私が車を降りた際には
付いていなかった黒い汚れが
すぐ見て分かるぐらい付いていた。

おそらくトナラーが降りる際に
付けたのだろう。

私は、車トナラーに遭遇することが
多いのでどんな人間なのか観察してみた。

多いのが車のバンパーなどが凹んだ状態でも
平気で乗っている爺さん運転手、

次に商業施設の駐車場で
車庫入れの練習をしている運転に慣れていない
軽自動車の若い運転手などだった。

Youtubeの動画を見ていると
駐車場で他人の車にぶつけても
そのまま立ち去る運転手もいる。

そういうのを見ていると
やっぱりドライブレコーダーが必要だと思った。

駐車監視機能付きドライブレコーダーであれば
駐車中も監視出来るし、

車でぶつけられたり、
ドアにぶつけられたりしたら録画され
そういう録画は、通常の運転時の録画とは
別で録画され保存され記録として残る。

トナラーを対策する方法は、
ハッキリいって無い。

無いがトナラーから被害を受けた時の
対策は駐車監視機能付きドライブレコーダーで
出来る。

駐車監視機能付きドライブレコーダーは
煽り運転から被害を受けた時の対策だけでなく
トナラーに被害を受けた時の対策にも使える。

あなたも煽り運転やトナラーに
嫌な思いをしているのであれば
駐車監視機能付きドライブレコーダーを
付けてみては(^-^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)