ゴルフ初めて3カ月目。ゼクシオの長尺ドライバーとの出会い。小振りのヘッドが好き。

先日、ゴルフショップへ行った時に、
ヘッドが小さいドライバーが売っていた。

私は、今どきのヘッドの
大きさドライバーが好きではない。

段々無駄に大きくなっていっているようで
何かいいドライバーが無いかと考えていた。

ゴルフショップで中古クラブを見ていると
古い物だがゼクシオのヘッドが小振り
(私の好みの小振りヘッド)のドライバーで
年式は古かったが
(私は年式は気にしない)
値段も安かったので
買って使ってみる事にした。

ゴルフ練習場で打ってみると
ヘッドが小さいからか
通常のドライバーよりも打ちやすい。

ただ妙にシャフトが長い気がしたので
家に帰ってから
通常のドライバーと並べてみたら
掌一個分長かった。

シャフトの表示を見ると
46インチと書かれており
ネットで見ると46インチ以上のシャフトの
ドライバーを「長尺ドライバー」と
いうようだ。

長尺ドライバーもマッスルバック同様に
「初心者が扱うのには
 シャフトが長いので扱いにくく難しい」
という訳の分からない
ネット情報を目にするが

何の問題もなく振って飛ばすことが出来る。

意外とゆっくり振っても飛距離が出る。

早く振ると練習場の
250ヤードの表示を超えるぐらいだ。

長尺ドライバーは、シャフトの長さから
通常のドライバーより飛距離が出るようで
実際に飛ばしやすい。

結構、楽しいのでひたすら
オートティーでボールが出てくるたびに
打ちまくっていた。

R&Aなどのルールでは48インチ以内が
適合になるとの事。

「もし48インチぐらいの
長尺ドライバーがあったら
どんな感じだろう?」

と他の長尺ドライバーにも興味が湧き
調べていたら
たまたま中古クラブショップに行った時に
見つかった。

それは「DT-112」フォーティーンの
シャフトの長さ47.25インチ
(R&Aの測定で48インチ扱い)
のルール内、最長の長尺ドライバーが見つかった。

次回へ続く(^-^)/



40代からの激芯ドライバーマスター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)