ゴルフ初めて2カ月目。友達と海側のゴルフ練習場へ夜の方が見えやすい。

久々に先日、友達と一緒に
海の近くのゴルフ練習場へ行ってきた。

いつもは、昼間に練習に来るのだが
今日は、夜に練習に来ることになった。

夜だから飛んでいくボールが
見えにくいのかも?と思っていたが
意外と夜の方が練習しやすい。

それと言うもの昼間だと
打ったボールが空と重なると
どこへ行ったか分からなくなる時がある。

でも夜だとそれが無い上、
照明でボールがどこへ飛んで行っているか
良く分かる。

高いボールを打つ時、
空と重なる事で昼間は見にくくなるのは
どの練習場でも同じ。

多くの練習場がそうだと思うが
練習場によって正面が山のように
斜面になっている練習場がある。

そういう練習場だと昼間でも
見やすいんだけどね。

今回は、一つの打席で友達と交代しながら
120分打ち放題で打つ事にした。

休憩しながら打つのに
ちょうど良いかと思ったが
気温が低くなってきているので
待っている時間は寒かった。

それでも打ち始めると半袖のTシャツで
汗を掻くほど熱くなってくる。

毎回、上手くボールを飛ばせる訳では無いが
それでも上手く綺麗に打て飛んでいくボールを見ていると
それだけで楽しい。

コロナの影響で多くのスポーツが出来なくなっている中、
ゴルフは、殆ど影響ない。

ゴルフ練習場であれば誰とも会話せず
来て練習して帰る事が出来るし、

練習は基本、人と離れているので
接触感染や飛沫感染の心配も無い。

練習場は、室内ではないので
クラスター感染の心配も無い。

それで最近、ゴルフを始める人が増えているようだ。

ゴルフ練習場には、
コロナの影響で仕事が休みの人も来ているようで
どこのゴルフ練習場も人が増えていたりする。

世の中というのは、
この業界では、どんどん不況になるが
その一方で
この業界は、どんどん景気が良くなっている。

という現象が起こる。

飲食店など外食産業は厳しいようだが
ゴルフショップの店員など
ゴルフ関連で働く人は増えているようだ。

お金というのは、
全体的に増えたり減ったりするのではなく
移動しているだけという事。

今、儲からない業界で働いている人は、
今、儲かっている業界へ転職する方が良いかもね。

私は、プロゴルファーになるために
頑張るだけだから

これからは、
夜の時間帯を中心に練習に行き
コツコツ頑張ろうと思う(^-^)



ドライバー飛距離アップの真髄「私が100ヤードの飛距離アップを実現させた4つの方法」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)