先日のゴルフ始めて第27日目。アプローチショットの練習を中心に!

先日、近所のゴルフ練習場へ行き
アプローチショットの練習を中心に行なった。

ショートコース対策だが

最近は、今あるウェッジで
「どのようにショートコースを回るか?」
「それともウェッジを追加するか変更するか?」
などを考えている事が多い。

今、練習で使用しているウェッジは、

●PW 
・46°ミズノ 
(キャビティバック型)(スチールシャフト)

●AW 
・50°クリーブランド
(キャビティバック型)(スチールシャフト)
・50°キャロウェイ
(キャビティバック型)(カーボンシャフト)

●SW
・56°クリーブランド
(キャビティバック型)(スチールシャフト)  
・58°クリーブランド
(マッスルバック型)(スチールシャフト)

●LW
・60°謎のメーカー
(キャビティバック型)(スチールシャフト)
・64°謎のメーカー
(キャビティバック型)(スチールシャフト)
・70°リンクスゴルフ
(キャビティバック型)(スチールシャフト)

ヘッドを
キャビティバック型にするか
マッスルバック型にするか

シャフトを
カーボンシャフトにするか
スチールシャフトにするか
も考えているところ。

今回は、試しに全部、
練習に持って行って打ち比べてみた。

好みとしては、ヘッドは、マッスルバック型で
シャフトは、SWやLWはスチールで
PWとAWは、カーボンシャフトの方が良いかな?
とクラブ変更を考えている。

アイアンもマッスルバック型の方が好みだ。

そうなると手持ちのウェッジの多くを
買い替える必要がある。

今の理想として考えているのは、
PWは、マッスルバック型ヘッドにカーボンシャフト。
AWは、マッスルバック型ヘッドにカーボンシャフト。
SWは、マッスルバック型ヘッドにスチールシャフト。
LWは、マッスルバック型ヘッドにスチールシャフト。

かな?と思っている。

次回のショートコースでは、
少し多めにウェッジを持って行って
いろいろ試しながら使ってみようと思う。


[リカバリーシングルになる!]
序章 「リカバリーシングル」という考え方
第1章 バンカーからのリカバリー
第2章 傾斜地からのリカバリー
第3章 林の中からのリカバリー
第4章 こんなリカバリーもマスターしておこう



アプローチ革命

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)