ゴルフ初心者は気を付けよう!ゴルフで嘘だと思う事。ロブウェッジ編。

今回は、ロブウェッジについて

ちなみにウェッジには

大きく分けて

●PW(ピッチングウェッジ)
ロフト角44°~47° :飛距離 80~120

●AW(アプローチウェッジ)
ロフト角48°~53° :飛距離 70~110

●SW(サンドウェッジ)
ロフト角54°~58°:飛距離 60~100

●LW(ロブウェッジ)  
ロフト角60°以上 :飛距離 ?

の4つがあり

主にグリーンに近いところで
使うゴルフクラブで

ちなみに私が普段練習場で使っているウェッジは、
●PW
46°Mizuno スチールSシャフト
●AW
・50°クリーブランド スチールSシャフト
・50°キャロウェイ カーボンRシャフト
●SW
・56°クリーブランド スチールSシャフト
・58°クリーブランド スチールシャフト(USA)
●LW
・60°謎のメーカー スチールシャフト
・64°謎のメーカー スチールシャフト
・70°リンクスゴルフ

こんな感じのウェッジ!

★PW
・46°Mizuno スチールSシャフト

※同メーカーの新しいモデル

★AW 
・50°クリーブランド スチールSシャフト

※同メーカーの新しいモデル

・50°キャロウェイ カーボンRシャフト

※同メーカーの新しいモデル

★SW
・56°クリーブランド スチールSシャフト

※同メーカーの新しいモデル

・58°クリーブランド スチールシャフト

※同メーカーの新しいモデル

★LW 
・60°謎のメーカー スチールシャフト
・64°謎のメーカー スチールシャフト
・70°リンクスゴルフ

ちなみに各メーカーから
ロブウェッジは発売されている。

☆60°
・キャロウェイ(Callaway)

・テーラーメイド(TAYLOR MADE)

・キャスコ(Kasco)

・クリーブランドゴルフ(Cleveland GOLF)

・本間ゴルフ

・フォーティーン(FOURTEEN)

★61°
・フォーティーン(FOURTEEN)

★62°
・タイトリスト(TITLEIST)

・MIZUNO(ミズノ)

★64°
・テーラーメイド(TAYLOR MADE)

・キャロウェイ(Callaway)

・キャスコ(Kasco)

・ATLASオリジナルモデル


★65°
・C3i

★70°
・パワービルト


・オリマー(ORLIMAR)

・LEZAX(レザックス)

★72°
・GiTEN-72

★雑誌
こんな雑誌も発売されていたみたい!

「ロブウェッジは、
 プロが使うもの!」

とか

「初心者には、扱えないので
 まともに打てない!」

とか

「だから初心者は、
 まず買わないしアマチュアゴルファーで
 使っている人は、殆ど聞かない!」

買う時にも、
そのような話をされた。

確かに何人かのゴルフショップ店員に
直接、聞いてみたが
誰も使ってなかった(^-^;)

ロブウェッジを買った
ゴルフショップの店員も
「具体的に、
 どう打つかは分からない」
との事だった。

ロブウェッジは、
海外のプロゴルファーが使い始め
ここ数年、日本のプロゴルファーでも
使う人が増えてきているようだ。

つまり使いこなすと
有効的なゴルフクラブという事。

それに意外とロブウェッジは
作っているメーカーは多い。

ゴルフ初めて一ヶ月程度の
初心者の私が使ってみたが
何の問題も無い。

ロブウェッジは、ちょっとコツがいるが
練習場で練習している内に
普通に打てるようになる。

どれぐらいの時間が
かかったかと言うと

ロブウェッジの
60°謎のメーカー スチールシャフトは1日目に買い
64°謎のメーカー スチールシャフトと
70°リンクスゴルフを2日目に買って

いろいろ探りながら30分ぐらい
打ち放題で打っていたら
打ち方が分かってきた。

実は、そんな程度。

ゴルフ初心者だからと言って
恐れる事は無いロブウェッジ。

ボールを打ち上げるのに
結構、役に立つよ!

興味のあるゴルフクラブは
誰が何と言おうが
自分で試して判断しようね(^-^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)