先日のゴルフ始めて第15日目。LW(ログウェッジ)中々良いよ!

先日、探していたロブウェッジが安く買えたので
さっそくゴルフ練習場へ行くことにした。

今回の練習ゴルフクラブは、

・タイトリストのドライバー
・キャロウェイの7番アイアン
・クリーブランドの50°アプローチウェッジ
・謎のメーカーの60°ロブウェッジ
(もちろん溝規制適合モデル)
・謎のメーカーの64°ロブウェッジ
(もちろん溝規制適合モデル)
・Lynx Golfの70°ロブウェッジ

と今回の主役はロブウェッジ!

ちなみにウェッジと呼ばれているゴルフクラブは

・PW(ピッチングウェッジ) 44°~47°
・AW(アプローチウェッジ) 48°~53°
・SW(サンドウェッジ)   54°~58°
・LW(ロブウェッジ)    60°以上

になっており

LW(ロブウェッジ) に関しては
アメリカのゴルフ場のような環境であれば
使えるようだが

日本のゴルフ環境だと
使う機会が少なく
上級者向けの難しいゴルフクラブとの事で
「上手く打たないとスッポ抜けるか
 達磨落としみたいになる!」

どこのお店でも言われた。

打ち方には、確かにコツがいるし
スッポ抜け易かったり
達磨落としみたいになるというのも
実際に自分で打ってみて分かった。

おそらくコツを掴まないと
練習場のマットの上だと芯を捉えられないか
ダフりまくって打てないのかも知れないと
自分でも思う。

ただ中々面白い個性的なクラブだと思う。

私が打った飛距離は
ロブウェッジ60°のクラブでも
100ヤードぐらいは飛ぶので

私のウェッジのクラブセッティングには、
PW(ピッチングウェッジ)と
AW(アプローチウェッジ) と
SW(サンドウェッジ)は外して

LW(ロブウェッジ)の
ロフト角60°64°70°のみで
行こうかと考えている。

この日、打ったのは652球、
やっぱり右手にはマメが出来
左手のマメは潰れてしまった。

今回のゴルフの教訓

・私には、LW(ロブウェッジ)さえあれば
PW(ピッチングウェッジ)も
AW(アプローチウェッジ) も
SW(サンドウェッジ)も
要らないのかも!という事。

・LW(ロブウェッジ)の打ち方には、
独特の打ち方やコツがあるという事。

・やっぱり一回当たりの練習で
打つ回数は500球以内にした方が良い
と改めて思ったという事。

・LW(ロブウェッジ)である程度、
飛距離を出せる人には
ウェッジに関しては
「LW(ロブウェッジ)のみ」
 という選択もありなのかな?という事。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)