クラブケースについて思う事。私は背負うタイプとセルフスタンド式タイプの両方使っている。

ゴルフクラブを運ぶ際に

ゴルフクラブを入れる
クラブケースかキャディバックが必要になる。

今回は、クラブケースについて
書いてみようと思う。

クラブケースには、
大きく分けて二種類あり

背中に背負うタイプのクラブケースと
セルフスタンド式で斜めに立てて使う
クラブケースがある。

背中に背負うタイプのクラブケースでは

ゴルフクラブとしても有名なテーラーメイドや

キャロウェイなど複数のメーカーから出ていたり

ゴルフ発祥の地、イギリスのゴルフウェアブランドの
アドミラルゴルフなどからも出ていたり

パーリーゲイツなど、おしゃれ系ブランドからも出ている。

セルフスタンド式で斜めに立てて使う
クラブケースでも

同じくゴルフクラブとしても有名なテーラーメイドや

キャロウェイなど複数のゴルフクラブメーカーから出ていたり

イギリスのゴルフウェアブランドの
アドミラルゴルフなどからも出ていたり

ジャックスバニーなど、おしゃれ系ブランドも出ている。

クラブケースには
無地や無地に近いの物もあったり


迷彩柄の物もあったりと


中々楽しめるおしゃれなデザインも物も多い。

私は両方使っているが
使い方としては、

クラブケースは、両方とも
大体ゴルフクラブが5~6本入るので

背負うタイプは
ゴルフクラブを買いに行ったりする時や
短時間の練習の時、

(短時間では少量のゴルフクラブで
 練習した方が練習効率が良いため)

などに使っていて

セルフスタンド式のタイプは
ゴルフクラブを
少量しか使わないゴルフ練習場で使ったり

ショートコースなどでも
活躍するアイテムだと思う。

いつも重たい自立型キャディバックを
使っている人は、

一度、試してみると
とても便利な事に気付くと思うので
是非、クラブケースを活用してみてね(^-^)/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)