複数の武を学ぶ際に考えておくこと。道場で余計な事を言う先輩の対処法。

複数の武を学ぶ場合、
いろんな意見を言ってくる人間が出てくる。

多いのが

・一人の師について学ぶべきだ
・理合がぶつかるので一つに絞るべきだ。

という大きなお世話的な意見だ。

誰も
そんな事をいう人の意見は、
聞いてないのに。

一つの武の道で生きてきた

先生にしても
先輩にしても

柔軟に物事を考えられる人や
懐の深い人は、
「自分が成長すると思う事であれば
 どんどんやった方が良い!」
と言ってくれる。

ただ、
余計なお世話的な意見を
言ってくる人間は必ずいる。

もしそれが先生であれば
その道場は、辞めるしかない。

世の中には
同じ武術や同じ武道でも

優れた武術家や武道家が
有名な人でなくても沢山いる。

だから気にせず
自分を受け入れてくれる先生から学ぼう。

そういう先生は必ずいるから。

先生が理解のある人で
でも先輩が余計な意見を言ってくる人間であれば
やりにくい所もあるだろう。

私も経験があるが。

あなたが強ければ組手や地稽古がある
剣道や柔道、空手、日本拳法などであれば
余計な意見を言われないように徹底的に倒せば良い。

だけど型稽古しかない流派であれば
ちょっと面倒。

技の洗練さなどで
圧倒的な実力差を見せつけて
黙らせるしかない。

でも型稽古しかない流派でも
先輩であまりにもしつこいようで

例えば、剣術や居合の流派であれば

「先輩であっても余計な意見を
 強引に押し付けるのであれば
 木刀で一度、戦ってみますか?」

「一般の現代社会と実力行使は、
 してはいけない事ですが

 武の世界は一般現代社会と違い
 
 強さの世界であり
 戦場では
 強いは生き
 弱い者は死ぬ訳ですから
 弱い者が強い者に
 強引に意見を通すと言うのは
 許されないですよね?

 それでしたら実力で
 私をあなたの意見に従わせてみたらどうです?」

道場で余計な意見を押し付けてくる先輩に
平和的な解決方法を提案してみては、
どうだろう(*^-^*)

ある先生に、
この話をしたら
「道場内で木刀や日本刀を持って
 喧嘩するのだけは止めてね!」
と言われた。

私は雑談の中での冗談で言っていただけなのだが
その冗談が通じなかったみたいなので

その後、
「今どき、大人になって
 本気で喧嘩する人はいないでしょう。

 僕は、見ての通り虫も殺さないほど
 大人しい穏やかな人間ですから(笑)」
と付け加えておいた(*^-^*)

昔、侍の時代

侍である武士達は、一つの流派だけを
学んでいた人の方が少ないと思う。

もちろんある程度のレベルになるまでは
一つの流派で武の身体操作などを
身に付ける人も多かったと思うが

最終的には、
流派を出て自分を磨くために
複数の流派を学んでいたはず。

多いのが
一つの流派の免許皆伝になり
その流派で
宗家になったりする訳ではないのであれば

それまで修行していた流派を出て
複数の流派を学び
自分の流派を立ち上げる事。

そもそも実際、古流の宗家として
自分の流派を立ち上げるぐらいの人で
一つの流派しか学んでいないと
いう人は居ないだろう。

仮に流派を立ち上げない人でも
他の人との交流で
学んだりしていたと思う。

純粋に昔の侍だって
「他の武を学んでいる人達は
 どんな事を学んでいるのだろう」
と興味持つ方が自然。

複数の流派や武道を学ぶ際、
理合がぶつかるので
一つに絞った方が良い
という考え方があると思うし
それも理解出来る。

ただ、それは
本人が何かを身に付ける時の
能力的な問題であり
他人が口を出すことじゃない。

自分が出来ないからと言って
他人も自分と同じように出来ないと考えて
その考えを押し付けるのは

単に
「自分の能力を
 超えられたくないだけで言っているだけ」
と思えば良いと思うよ。

実際に複数を学べば多くの事が
分かるようになり能力が高まるのは事実。

例えば刀一つでも

・居合だけをやっている人
・居合と剣術をやっている人
・居合と剣術と剣道をやっている人

とでは刀での戦い方に関して分かる事が違う。

これが剣だけでなく

剣術、槍術、弓術、鎌術などになってくると
戦い方の種類の範囲が広がるため
理解度が変わってくる。

大体、一つの流派であっても
昔の侍は複数の武術を学んでいた。

剣術も槍術も薙刀術も弓術も鎖鎌術も。

一つの武しか
やってはいけないというのは、
明らかに矛盾している。

それに武の探求をしている人であれば
他流派や他の武道に興味を持つ方が
自然だし何も一つに拘る必要はない。

他人のために学んでいるのではなく
自分の修行のために学んでいる訳だからね。

格闘技の世界だと
ボクシングやレスリングと
総合格闘技やキックボクシングの選手が
スパーリングを通して技術交流したり

空手や日本拳法のように組手がある武道だと
組手を通して技術交流があったりするし

それで新しい気付きの部分があると思う。

特に全てではないが
古流は技術交流を嫌う人が
多い様に思う。

昔であれば、
「自流派の理合や秘伝を知られれば
 死活問題で必ず守り抜かなければならない」
というのがあったと思うが

今どき、自分の流派の理合を知られたところで
流派ごと滅ぼされるようなことはないだろう。

実際、現代に
「流派の名に懸けて命懸けで戦う!」

であったり

「道場の乗り込まれて流派を滅ぼされる!」

などという
時代劇や映画のような事はないだろうし
現実的に普通に考えて。

そんな事ばかりやっていると
技術者で自分の技術を抱え込んで
誰にも伝えず気付いたら
自分が要らない人になっていた
みたいな感じになると思うけど。

今まで多くの流派が無くなったり
技が失伝したりしているのは
古流の閉鎖過ぎる部分が
かなり影響しているのだと思う。

流派が衰退したり
自分の代で終わっても
構わないのであれば良いんだけど

折角の日本の伝統武術であれば
出来るだけ多くの人が
自由に学べる環境が大切だと思う。

閉鎖的な考えた方の部分は
武道にも引き継がれ
複数の武道を習ってはいけない的な
雰囲気があるのは事実なんだけど

そもそも武道を習っている人は
一般の人より武道が好きな訳だから

一つの武道だけでなく複数の武道を習い
次の世代に複数の武道を伝えていってくれる人が
増える方が良いと思う。

でも頭の固い人たちには、
理解できない様だ。

これは現代武道だけでなく
古流にも言える事。

数人しか学ぶ人がいない流派より
数十人数百人学ぶ人が多い流派の方が
後世に残る流派になると思うし、

私は、日本の伝統文化でもある

日本の古流の流派や日本武道を
世界中の多くの人が学び
後世に伝えていって欲しいと
いつも思っている。

少し話が逸れたが

自分が修行している古流の流派の事も
他流を学ぶ事で気づくこともあり

自分が修行している武道の事も
他の武道を学ぶことで気付く事もあるので

もし、
あなたへ複数の武を学ぶ事に関して
あなたにとってプラスにならない意見を
言う人がいても

「所詮、狭い枠の中でしか
 物事を考えられない人なんだ」

と思い、

何かを言われても
気にせず行動していこう!

そして一回切りの人生なのだから
悔いのない武の人生を送ろう(^-^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)