先日、病院へ行くと入口にカメラ型体表面温度測定器?でも結局、体温計で。

先日、リハビリで病院へ行ってきた。

車で移動して病院へ到着し、
いつもの病院入口から入ろうとすると
何か入口に今までなかった
新しい機械が設置されていた。

よく見るとカメラ型の
体表面温度測定器だった。

近づいてみると
自分の顔が映し出されていた。

使い方がいまいち分からず
外来患者の対応時間ではないので
入口に人も居なかったので
そのまま受付に行き

どう作動しているのか
分からないと受付で言ったら
結局、非接触の体温計での検温になった。

外来患者の診察時間じゃないので
あまり厳しくなかった。

3月からの病院の対応を見ていると

最初は、問診のみ
(マスクは入り口で着けるように言われる)

→問診+消毒液

→問診+消毒液+非接触体温計

→問診+消毒液+体表面温度測定器

のように病院の対応が段々変わってきている。

コロナ感染者がどんどん増えているようだが
これから先、どんどん変わっていくのかな?

リハビリに通っている病院が総合病院だが
整形外科がメインの病院で

リハビリの時間が
外来患者の診察時間から
3時間位、離れているので

外来患者に接する機会が無いため
感染の可能性がほぼ無いのだが

病院の対応を見たり
医師の話を直接聞く限り

世の中で言われている
コロナに対する印象とは大分違う。

必要以上に不安を煽り
それを使って
金儲けをしている人達が
いるのだと思う。

多くの人々が
必要以上に不安に駆られず
冷静に行動出来るようになれば

コロナによって暗くなっている
世の中の雰囲気が明るい方へ向かうのだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)