お盆休み中という事でお墓について思う事。自分の子供に負担を掛けない墓じまい。

社会が少子高齢化し、独身で一生を過ごす人も増え
お墓を維持する事が負担になっている人も多いようだ。

・【お墓のゆくえ】「遠方の娘に負担かけたくない」 樹木葬や合同墓、墓じまいという選択(SBC信越放送) – Yahoo!ニュース

代々受け継がれているお墓があったとしても
自分が独身であれば
もう自分の代で終わってしまうと
いう事もいると思う。

「自分が亡くなれば、
 誰がお墓の世話をするの?」という事になる。

それに親も
お墓を維持するのには
お金も時間も掛かる事が分かっているので
自分の子供には負担を掛けたくないという人も
増えているようだ。

テレビなどの特集やニュースなどでも
墓じまいする人が
増えているというのを目にする。

墓じまいすれば、
遠方に時間や交通費を掛けて移動して
お墓参りする必要は無いし、

お墓を維持するための
お寺に払う檀家をしてのお金、
お墓の墓地の敷地代や
お墓参りの時の
お線香代や花代なども
必要なくなる。

自分に今まで掛かっていた
お墓参りに関する必要の負担を
子供に引き継がせない方が良いと思う。

それに大切な事は
故人を尊ぶ気持ちであって
お墓という形ではない。

今後は、益々墓じまいする人が増えていくと思うので
墓じまいを検討してみるのも良いと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)