武術に武道や地稽古は必要。勘違いを増やさないために。

私は武術(型稽古のみ)を学んでいる人には
武道や地稽古が必要だと思っている。

古流の流派の多くは表向き

型稽古のみのところが多い。

ただ実際のところ表には出してないが
自分たちで様々な防具などを使って
地稽古を行なっている流派もあるようだ。

(今は、剣道・なぎなた・銃剣道の防具や
 総合格闘技などのプロテクターなど
 比較的手に入りやすいので
 様々な防具が地稽古で使える。)

武術の基本型稽古だが
それだけでは武は身に付かない。

ある程度、大ケガしない程度に
痛みが伴う対人稽古は必要。

武の世界は戦いの世界であり
技だけを覚えても戦える訳でもないし

そもそも対人稽古ををせず
戦いの技術が
使えるものとして身に付いたり

強くなったり戦えるように
なることは無い。

居合や剣術を学んでいる人が
地稽古がある剣道を学ぶ事に
意味があると思うし

薙刀術を学んでいる人が
地稽古がある競技なぎなたを
学ぶ事に意味があると思う。

型稽古だけだと
技だけ覚えて
自分は強くなったとか
自分は戦えるようになったとか
勘違いに陥りやすいと思う。

実際何らかの対人稽古や
格闘技でいうところの
スパーリングのような経験がある人と

そういう経験が全く無く
戦いに関して何も分かっていない人とでは
大きな隔たりがあり、

そういう人は勘違いして
的外れな説明を平気でしている場合もある。

そういう分かってない人間が

戦いとはこういうものとか

実際に技を使う場合には
こう使うとか

的外れな説明をした上、
それを押し付けたりして

初めての人や初心者の人に
迷惑をかけていたりする。

そういう人間に限って
痛みが伴う地稽古を嫌がったりするので
道場の先生方も困っていたりする。

ボクシングで言うところの
シャドーボクシングだけが
上手くて

スパーリングで
相手に攻撃が当たらないとか
相手の攻撃が防御できないとか
相手を倒せないなどになっても
意味が無い。

自分がどれだと戦えるかは
実際には武道の地稽古や試合で
試してみればいい。

居合や剣術の経験者は、
剣道の地稽古で
相手の攻撃を避けたり
刀を捌いたりしながら
攻撃を相手に当てる事が出来なければ
その時、自分のレベルが分かるだろう。

薙刀術の経験者は、
様々な技が出来たとしても
なぎなたの地稽古で
相手の攻撃を避けたり捌いたり
自分の攻撃を当てる事が出来なければ
その時、自分のレベルが分かるだろう。

空手や日本拳法のように
型稽古も自由組手もやっている所は

自由組手で
自分がどれぐらい戦えるのか
戦えないのかが分かりやすい。

思ったより戦えたり
思ったより全然戦えなかったり
それも試すから客観的に分かる事。

自分が強くなったとか
自分が戦えるようになったとか
妄想に浸って勘違いするより

正しく自分のレベルが
把握出来るように
地稽古に挑戦しよう(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)