先日、イオンへ行った。平日だが人が多い。新型のレジが・・・。社会の縮図。

先日、イオンへ買い物に行った。

ホームセンターへ車で行ったついでに
食品を買って帰る予定で寄ってみた。

平日なのに車が多く屋上以外、
満車で結局、屋上へ止める事にした。

イオンは場所によって
駐車場が無料だったり
有料だったりする。

それに駐車場入口のゲートで
ナンバープレートが
録画されるタイプの
ところもあり、

その場合、
無料時間内に駐車場を出れば
駐車券など出さずに
ゲートを出る事が出来る。

そのため、雨の日に
窓を開ける必要が無い。

ただ画像が保存されるのは
行動を監視されているようで
若干抵抗があるところで
私は、あまり
そういう駐車場は利用しない。

その日は、平日だったが
少し前より人が多かった。

高齢者から学生まで
様々な人たちがいた。

イオンのコロナ対策の様子は、
店員によって異なり
食品レジにいる人は、
ビニールカーテンにマスク

食品レジ以外のレジは、
フェイスガードとマスクと
ビニールカーテンだった。

客に案内などをする店員は
マスクだけの店員もいた。

駐車場から
食品売り場へ向かう途中

気になったのが
何人かのマスクを
していない高齢者が
無駄に動き回っている事。

やたら歩き回ったり
ベンチに座ったりを
繰り返していた。

イオンの館内放送で
「買い物は感染防止の為、
必要最低限の人数でお願いします」
のような放送が流れている中で

無駄に商業施設に来て
無駄にうろついている状態だった。

どう見ても必要な物を買いに来て
それが終われば帰るという多くの人が
行なっている行動ではない。

行く場所も無く
無駄に時間を潰せる場所として
商業施設を利用しているのだろう。

他には、学生が何人かいた。

夏休みや授業時間が短くなり
帰りの途中に寄って
買い物しているようだった。

食品売り場へ行くと
少し前に来た時より
明らかにレジに並ぶ人が少なかったので
食品を買い物して帰ることにした。

レジに行くと
最近、新型のレジに変わったようで
ちょっと戸惑った。

イオンのレジは、
普通に店員のレジ対応で
精算するタイプのものと

自分でレジ精算する
セルフレジの二種類だったが

店員がレジ対応するレジが
新型になっていた。

商品のバーコード入力などは
店員が行ない
お金の清算は、番号のついた精算機に行き
精算するタイプのレジで

スーパーの万代などでも
導入しているレジだが

少し違うのがイオンだけに
WAON(ワオン)カードを使う事が出来
WAONチャージも同じ精算機でチャージ出来
そのまま精算も出来る。

WAON(ワオン)カードを利用している人は
レジでチャージされている金額が
精算する金額より少ない場合
店員にレジでチャージして
もらっていたと思う。

もし精算機で足りなくなった場合、
どこですれば
良いんだろうと思うかも知れない。

わざわざ精算の途中で
WAONステーションに行く訳にも
行かないし・・・。

でもそれを精算機で出来る。

作業の効率化という意味で
バーコードの入力のレジと清算を
分けるのは良いと思う。

クレジットカードや
スマホ決済などを利用する客が
スムーズに決済出来ず

無駄に
時間を待たされる事が結構ある。

クレジットカードや
電子決済は一見、精算が
早そうだがレジ精算される前に

現金を用意しておいた方が
実際には、明らかに早い。

私は、いつもそうしている。

その方が無駄な時間を
使わなくて良いから。

レジが終わり駐車場へ向かう
途中周りを見ると
昼過ぎというのもあって
どんどん人が増えていた。

それとイオンでは
館内放送でイオンwifiを宣言していた。

それでなのかノートパソコンで
ネット接続をしている人が何人かいた。

はっきり言って周りから
画面が丸見えだった。

情報セキュリティの観点から言えば
屋外で人が多い場所で
ノートパソコンを使用するのは
ありえないと思うが
何も考えていないのだろう。

私は、必要な物を買ったので
そのまま駐車場へ向かい
帰る事にした。

イオンに行き思った事が

イオンのような商業施設には
平日の昼間、
学校へ行ったり
働いている若い世代が少なく
(当たり前だが)

働かず年金暮らしで
時間を潰すために来ている
高齢者が多いという事。

今の日本社会の縮図を
見ているようだった・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)