体力も無いのに技だけで戦う?それが通用するのは達人レベルの人達だけだよ。

私は、いくつかの道場や教室へ修行に行っている。

以前から気になっているが
武道や格闘技を学ぶところでは
技だけでなく体力的なトレーニングがある。

私はそれが当たり前だと思う。

ただ武術の道場や教室では
体力トレーニング的な事をしなかったり
否定的なところも多い。

だから高齢者が
幅を利かせているのだが・・・・。

技が達人レベルであれば
技術力の差で体力面を
ある程度、補えると思うが
技が未熟な上に体力も無いのであれば
普通に考えて戦えないだろう。

体力は、技を高めるよりは
ある程度期間で身に付けると思うが

何かと言い訳をして
楽して武を身に付けようとする人が
多いのも武の世界。

道場や教室の先輩などで
技術が未熟な上に

ちょっと動いたら休憩しないといけないほど
体力も無い人にデカい顔をして
偉そうに説教してくる人もいる。

武道や格闘技のように
地稽古や組手、スパーリングなどがあれば
先輩だろうが何だろうが倒せば良いのだが

武術の稽古で自由にやり合う稽古を
採用していないところでは
それも出来ない。

技だけ覚えたら戦えると
勘違いしている人達は困るし

その間違った考え方を
新しく入る新人に教えたりするので
迷惑な存在でもある。

それは単なる自分の思い込みで
そんなこと実際には通用しない。

特に、武道や格闘技の自由練習の経験がなく
型しかやったことしかない人に多い。

達人と呼ばれている人も
技だけに頼っている人と違って
体力も筋力も鍛えている事を忘れていけない。

心技体の内、
楽して技だけにこだわる人は、
もう一度、武の学び方を学び直した方が良い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)