これからの武術・武道の稽古。新型コロナウイルス後から変わる。武の世界に生きるという事。

今、新型コロナウイルスの影響で
武道館や体育館などのスポーツ施設が閉館になっており
武術や武道の稽古が出来ない状態の人も多いと思う。

緊急事態宣言が解除されても
自粛という名目での行動規制がかかり
実際のところ稽古が再開される予定も
立たない団体も多い。

武術や武道の稽古は、
単独で出来る稽古もあるが
近距離での対人稽古が外せないものが多い。

新型コロナウイルス感染対策で
言われている対策方法で

稽古中に、マスクをしたり
指導者からの会話などを最小限にしたり
稽古相手と2m離れるなどを行いながら
稽古するのには限界があり

そのため今まで武術や武道の稽古に
来ていた人たちでも
来なくなる人も出てくるだろう。

剣道の稽古中やスポーツクラブなどで
クラスター感染(集団感染)が
発生したこともあり

武術や武道の団体、
スポーツ施設などを運営する側も
稽古に参加する側も
神経質になっているところも多いと思う。

ただ、そんなことを気にする人間は
武術や武道には向かない。

その理由は、武の世界は
本来、命懸けの世界であり
怪我をしたり病気になったりなど
死を恐れる人間には向かない世界。

多くの人達が稽古中に
無駄な怪我は出来るだけしないように
心がけていてもゼロには出来ない。

そもそも相手を倒す稽古をしているだけだから
自分も倒されて怪我をしたり
死ぬようなことがあっても

「それは、そういう世界だよな!」

と割り切れる人間でないと出来ないと思う。

人間は、いつか死ぬ。

年齢は、関係ない。

若くても交通事故などで死ぬ人間もいれば
高齢になり100歳以上生きる人間もいる。

健康や安全に気を使いながら生きている人間でも
ガンなどの病気に死ぬ人間をいれば

健康や安全に気を使わなくても
高齢になるまで元気に生きている人間もいる。

自分がいつ死ぬかなど誰にも分からないこと。

健康や安全に全く気を使わないことは
問題があるが

どのまで気にするかは、個人個人の判断になる。

私は、最低限の健康な身体を保つための健康管理と
無駄に危険な場所に行かないような
安全管理が出来ていればそれで良いと思う。

遊び半分で武を学ぶ人は、
武の世界には必要ない。

戦いの真似事をして
喜んでいるだけの人間は見苦しいだけ。

これから精神的にも身体的にも
成長する子供達は別にして

大人になってもこのような事が判断出来ず

不要に恐れを感じる覚悟のない人は
武の世界に向かないので

そういう人は去り
先人が命懸けで作り上げてきた
武の世界のものを
正しく後世に伝える人達だけが
武を学んでほしいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)