誰にでもできるITセキュリティ。日本ガラケーとスマホで情報を使い分け。

私は、通話やメールの連絡用の日本ガラケーと
ネット閲覧用のスマホを使い分けている。

その理由はandroid OS や
iPhoneのIOSのセキュリティリスクが気になるからだ。

スマホのマルウェア(コンピュータウイルスなど)の多くは
android OSを狙ったもので

その次に多いのはiPhoneのIOSのようだ。

両方ともUNIX系のOS
(昔からある業務用サーバーコンピュータのOS)であるが
androidの方が情報がオープンにされている事と
androidスマホはiPhoneよりも安く普及しているので
ウイルスも作成しやすいのだろう。

それに比べて日本ガラケーは
独自OSであるためコンピュータウイルスの
リスクを考える必要が無い。

スマホに自分の個人情報、
友人知人など知り合いの情報があれば
盗み取られるリスクを常に考えながら
使用しないといけないのでストレスになる。

自分だけが被害に合うのであれば
まだいいが自分の友人知人に迷惑が掛かってしまう事は
出来るだけ避けたい。

だから私はガラケーとスマホで使用用途と使い分けている。

スマホは、個人情報を入れずに
出先でちょっとネット閲覧をするのには役に立つ。

氏名や電話番号、住所などの個人情報は
ガラケーに入れておけばいい。

バッテリーの持ちを考えても
ガラケーとスマホ(格安スマホで十分)の
二台持ちがオススメの使い方だよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)