年金生活で時間がある高齢者がマスクを買え、毎日働いて時間に制約がある現役世代が買いに行けない理不尽さ。

最近、通院で移動している際にドラッグストアの前を通る。

平日の朝、8:30や9:00から開いている店舗に高齢者が並んでいる。

毎日働いていて時間的に制約がある現役で働いている世代がマスクを買いに行けず

年金生活で働かず毎日出かける必要もないのに朝からドラッグストアに並んで
何百枚もマスクを買い占める高齢者が居る状態。

マスクが本当に必要な人に行き渡るのは、いつになるのだろう。

このような状況を見かける人も多いと思うし
出かける必要もない人間に
大量のマスクを買い占められて
本当に必要な電車やバスで通勤している人や
医療施設など中々行き渡らないようだ。

最近、歩いているとマスクが落ちているのを良く見かける。

買い物などで建物に入る時には付けていて
店から出て人がいないようなところまで行けば捨てているようだ。

マスクは今でも、近所のドラッグストアで買えない状態が続いている。

様々な企業でマスクを生産しているという話は聞くが
実際には消費者へ届いているものは、わずかじゃないかな。

このまえ久々に医薬品売り場で
手作りマスク用のキットを見た。

500円ぐらいで売っていた。

こんなにマスクが足らず
マスクを必要としている人がいるのであれば

休業要請で休業中の企業や店舗の人達が
手作りマスクを沢山作って、

普段、来てくれているお客さんへ提供するようにすれば

コロナウイルス騒動が終息したら
お客さんは戻ってきてくれると思うけど
それをやる企業や人達はいるかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)