骨折と数針縫うケガ。少しの間、身体が不自由な状態になり気付く事。

片手の骨折と片足を数針縫うケガで
救急車で運ばれた。

病院では看護師さんも受付の人も
とても患者の事を考え
対応していただけるので助かった。

医療に関わる仕事をしている人達は
比較的病人や怪我人に対して
配慮しながら対応する事に慣れているようだ。

今回の件で
看護師さん、病院の受付の人、調剤の薬剤師さん、
ドラッグストアの店員さんなど
とても配慮いただいている事に気付いた。

もちろん仕事だからというのもあるだろうが
素直に一人の人間として感謝している。

骨折の回復から武術や武道の稽古へ復帰できるまで
これから二か月ほどかかるようなので

少しの間、身体が不自由な状態になっている中で
気付いた事を書いていこうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)