児童心理司が親の脅しにビビるようじゃ子供の命を守れないだろう。

心理の専門知識がある児童心理司が親の脅しに屈指して
結局、子供を守れない状況があるという記事を読んだ。

「私が殺されてもいいから止めたかった」被告に脅された心理司のトラウマ 元児相心理司が語る現場(山脇由貴子) – 個人 – Yahoo!ニュース

もちろん気持ちは、分からないでもない。

心理の専門知識があるからといって
一人の人間である以上対応の恐怖する事もあるだろう。

だけど専門職として仕事している以上

子供の命と自分への恐怖感を天秤に掛ければ
子供の命には変えられないだろう。

大体クレーマー対応と同じで
トラブルになりそうな相手と話をする時には、
「念のためボイズレコーダーで録音します」と言って話を始めたり

何か横暴な事を言ってくれば
「それ脅迫ですよね!今から警察へ電話します!」
と言いながら話をすれば良いだけだろうし

暴力を振るわれそうになったら
他の職員にスマホで撮影してもらえば良いだろう。

折角、学んだ心理学を生かしながら
トラブル対応用の交渉術を学び

親に対しても子に対しても
適切な対応方法を身に着け

児童相談所の人達には
一人でも多くの子供たちの命を救ってほしいと思う。

子供達は、あなた方を頼りにしているのだから・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)