先日、病院へ経過検査に行った。血液検査とMRI。マスクの人だらけ。

先日、経過観察のための検査に病院へ行った。

検査は、血液検査とMRI。

朝、病院の開院2分後ぐらいに行くと
もう血液検査待ちが約20人。

大きな総合病院だから仕方がない。

MRI検査の前に血液検査を受けようと
予約票を受け取ったが時間が間に合わずMRI検査へ行った。

血液検査も人が多かったがMRI検査の方も
予約していたにも関わらず4人待ち状態。

MRI検査は、何度も受けているのでスムーズに進んでいたのだが
どうも呼吸方法が検査に合っていないみたいで検査中の呼吸方法を指導された。

MRI検査の時は、検査しやすいように
「息を吸って吐いて、息を止めて下さい」と
検査中にアナウンスが聞こえ
それに合わせて呼吸するのだが

そのアナウンス以外の時にも
検査は行われているようで
「自然に呼吸して下さい」と検査前に言われていた。

それを聞いていたので
アナウンス以外の時にも検査されている事を意識していたのだが

どうも
私が普段している長く深く大きい呼吸は検査しにくいようで

アドバイスされた呼吸は
私には、短く浅く小さい感覚の呼吸で
呼吸しづらかったが検査自体は、そのまま進み終了した。

ちなみにMRI検査(magnetic resonance imaging, MRI)は、
核磁気共鳴画像法(かくじききょうめいがぞうほう)と呼ばれていて
簡単に言うと磁気を使って体の状態を画像化する検査で

痛みなどは無いが検査中大きな音が鳴り(そのためにヘッドホンを付ける)
検査中は、少し体の一部が熱くなったりする反応がある。

時間は、20~30分で
検査前に液体状の薬を飲み→検査服に着替え
→検査開始→検査終了→そのまま帰る。

という流れだ。

MRI検査が終わり予約票を受け取っていた血液検査のところへ行くと
もう人がいっぱいで座席には座れない状態になっていた。

患者は私以外、全員高齢者で
看護師さんの一部と私以外は皆、マスク状態だった。

そういえば「コロナウイルスの事があったな~」と思い出した。

普段から免疫力が高く殆ど病気にならないので
(仮に病気で39℃以上の高熱が出ても普通に行動出来るので)
あまり気にしていなかった。

考えてみると病院だから病人と怪我人が殆ど、
「マスクぐらい持ってくれば良かったかな」
と少しは思ったが

今更しょうがないので結局気にしないことにした。

血液検査もスムーズに進み終了し会計を済ませ帰る事にした。

普段、殆ど病気になったり怪我をしたりしないので
中々病院へ来る機会が無いので周りを見ていると
負の空気が漂っている。

そんな空気の中、その空気に飲み込まれたり気が滅入ったりせず
仕事をしている医師や看護師さん達は、本当に凄い精神力だと思う。

今回は、念のための経過検査でもう半年以上、元気なので

完全体の元の自分の身体能力に戻すよう
そろそろ多少無茶な武の修行に入ろうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)