私が薙刀術を学んでいる理由。攻撃の種類が多い。

今日は私が薙刀術を
学んでいる理由を書いてみようと思う。

今まで長物に関しては
棒術、槍術を少し学び
今は薙刀術を学んでいる。

それぞれ扱い方の面白さがある。

攻撃の種類から言えば
棒術は、打つ突くが中心となり
槍術は、打つ突く刺す切るが中心となり
薙刀術は、打つ突く刺す切る薙ぐと攻撃の種類が多い。

これは、
どれが優れている優れていないではなく
戦い方の特性の違いであるため
それぞれの面白さがあり
最終的には自分の好みによると思う。

私は、攻撃も防御の種類も多い
薙刀術が面白いと思っているので
今続けている。

私自身は最終的に武芸十八般を
使いこなせるようになりたいと思っているが

武具は自分自身が好きな物を探究していく方が
深い所まで極められる気もする。

それも自分の好みだろうと思う。

長物は稽古や練習出来る場所が限られる事と
自主練習も家の中で中々出来ないので

始める人も続ける人もあまり多くは無い。

それでも日本の伝統文化であり伝統武術である
薙刀術が後世に伝わっていく事を節に願う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)